暮らし お金 家計管理 体験談

2人目の子育て費用は2倍かからない! 子どもの人数とお金

37

 

2回にわたって子育て費用について中学生までの年齢別に説明してまいりましたが、第1子にかかる費用の内容でした。2人目はその倍かかると思う方もいらっしゃると思います。実際にはどのくらいになるのか、2人目、3人目にかかる費用についてお伝えします。

 

続きを読む

2人目は1人目の約80%!3人目は約60%

【1人目、2人目及び3人目の子どもにかける費用の比較】

平成17年『国民生活白書』第3-1-14図より著者修正
 

今から約10年前のデータですが、平成17年の『国民生活白書』では、総務省『家計調査』を特別に集計して、2人目・3人目の子育て費用を推計しました。実際には、子ども1人世帯、子ども2人世帯、子ども3人世帯の子育て費用をベースに、2人目・3人目にかかった費用を差し引いて計算をしたようです。22年間の子育て費用の総額は、1人目で1,302万円、2人目で1,052万円(1人目の約80%)、3人目で769万円(1人目の約60%)となりました。

 

 

洋服やおもちゃのおさがりを活用!

この金額の推移は、過去に分析された方もいらっしゃいますが、大きく分けて2つの要因があると思います。ひとつは、食費や光熱・水道費のように人数が増えると単純にかかる費用が増えるものがある一方で、上のお子さんのおさがりが使える洋服やおもちゃなどの購入費用が減らせるので、1人目より子育て費用が減らすことができた部分と思われます。

もうひとつは、人数が多くなるために1人あたりにかけることができる費用が少なくなり、結果として2人目・3人目の費用が減った部分もあると思われます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。