「なかなか痩せない…」肥満治療薬として注目の薬でダイエットしてみた結果は…【体験談】

肥満外来に通い、漢方薬の加味逍遥散(かみしょうようさん)と、抑肝散(よくかんさん)の2種類でダイエットを実践しています。ただ、なかなか痩せなかったことから、肥満治療薬として注目されている別の薬を追加することになりました。果たして、ダイエット結果は……?

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

漢方薬だけでは効果が出ず、別の薬を処方

以前、肥満外来に行き、漢方薬を処方してもらった私。そのまま漢方薬を飲み続けて、約2カ月が経過しています。毎日、朝晩の2回。加味逍遙散と抑肝散の2種類の顆粒を飲んでいます。ただ、デスクワークの仕事柄、運動できるときと運動できないときの差が激しく、なかなか痩せることができません。

 

しかも、私の場合、育児でのストレス食べ、ご褒美食べの習慣もあったりします。そこでなかなか結果が出ないことから、「リベルサス」を処方してもらうことになりました。

 

リベルサスは空腹感がなくなり食欲が抑えられて無理なく痩せるといわれ、糖尿病の治療にも使われる薬なのだそう。私はダイエット目的に使用するので、自費診療。3mlと7mlがあり、主治医の勧めでまずは3mlから飲んでみることにしました。値段は約5,000円でした。

 

リベルサスを飲んで食欲が変わる!?

リベルサスの画像

 

処方されたのは、リベルサスと、今まで処方されていた加味逍遙散と抑肝散。リベルサスは朝だけ飲みます。

 

リベルサスは湿気に弱い薬で、見た目は中身がまったく見えないアルミホイルのようなパッケージに入っています(写真参照)。そして、薬剤師からも「開封したらすぐに飲むように」と何度か確認されます。リベルサスの飲み方は、朝、起きたとき。120mlまでの少量の水で飲みます。これだけです。

 

朝ごはんを食べるなら服用後30分経過してからを厳守。加味逍遙散や抑肝散も、服用後30分経過してから飲むように指示がありました。副作用は、気持ち悪さや吐き気。低血糖になることもあるので、ふらついたら飴をなめるなどするよう、言われました。

 

実際に飲んでみて感じたことは、私の場合は気持ち悪さ、吐き気もなく、ふらつきもありませんでした。飲むと嗅覚が鋭くなった気がします。食欲がなくなることはありませんでしたが、明らかに変わったのは、天ぷらや唐揚げのような油っこい食事が1人前食べられなくなったこと。途中で油の気持ち悪さを感じてしまい、食べきれなかったことがありました。「リベルサスの効果ってこういうこと?」と感じました。

 

 

1カ月後の体重の結果は?

OKポーズをする医師のイメージ

 

リベルサスを飲んで1カ月後。体重変化は1kg減っていました。実はリベルサスを飲むと、もっと体重が落ちる人が多いそうです。私の場合は、あまり良い結果ではなかったようです。

 

主治医からは、7mlに増やすかどうかの相談がありましたが、自費診療で高いこともあって、あと1カ月は3mlで様子を見ることにしました。

 

厳しく言われたのは、「毎日アイスクリームなどを食べていたら痩せない」こと。実は、子どもと一緒にアイスクリームを食べる機会が多く、カロリーオーバーなのは心あたりがありました。野菜不足で、そうめんやひやむぎのみで過ごしてしまった日もあります。

 

しかし、家族で行ったボリュームあるファミレスのパフェはいつもなら全部食べられるのに、リベルサス服用後は気持ち悪さを感じて、胃もたれが後まで続きました。もしかしたら、リベルサスの効果は出ているのかもしれません。続けていくことで結果が出ればいいと感じています。

 

まとめ

反省を踏まえて、2カ月目の今月は、ヘルシーな食生活や適度な運動を取り入れて、1カ月過ごしていく予定です。1カ月に1度の体重チェックがあるため、次回こそはと気合いが入っています。

 

野菜多めの食事にして、運動も積極的に取り入れて、ナチュラル健康美人を目指したいです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Kumiko3

夫と小学生2人の4人家族。Webライター。子育てしながらの仕事は想像以上に大変。アラサーよりも疲れやすく、美容院では肩凝りを指摘され、夕方にはエネルギー切れ。白髪も生えてきて、毎日イライラするのはもしかして更年期!?それでも身だしなみは整えて、目指せナチュラル若見えキラキラ美人!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶