【体験談】赤ちゃんとの血液型が違うせい!?妊娠性皮膚掻痒症

2016/11/28 12:00
妊娠が発覚してしばらくすると、体のあちこちがかゆくなりだしました。妊娠中期に入ると、ますますヒートアップ!堪らず健診時に医師に相談すると、仮説ではあるが胎児と妊婦の血液型が違う場合、排除しようとして強く妊娠性皮膚掻痒症の反応が出ることもあるとのこと。血液型の違いで自分の子どもにもアレルギーを起こすなんて不思議だと感じた体験でした。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
病気・ケガ
免疫
血液型

 

 

おなかの赤ちゃんの血液型は、通常生まれてからでないとわかりませんよね。わが家の上の子たち2人は私と同じO型です。しかし末っ子の妊娠で、今までと違った自分自身の体の反応から、血液型は自分とは違うのではないか?と思った体験をお話します。

 

妊娠が原因で湿疹が出ることがあるの?

 

妊娠が発覚し、しばらくしたころから体のあちこちがかゆくなりだしました。それも、1日中ボリボリとどこかを掻いているような状態。私はそのころ、資格を取るために学校に通っていたのですが、人目もはばからず掻かなければ、がまんできないほどのかゆみでした。

もともとアトピー体質は持っていたのですが、妊娠したことによって肝臓に負担がかかることもあるとのこと。私のかゆみもそのうちよくなるだろう、と思っていました。

 

おなかが大きくなるとともにさらなるかゆみが!

 

妊娠中期に入ると、ますますかゆみはヒートアップ!かゆいだけでなく真っ赤な湿疹ができ始めました。胎児がいる、おなかと背中がいちばんひどく、とくにおなかは赤黒く変色してしまいました。おなかをボリボリ掻く妊婦……。でも、恥ずかしさよりもかゆみのほうが上でした。

 

堪らず健診時に医師に相談すると、妊娠性皮膚掻痒症という症状かもしれないとのこと。一般的には妊娠による環境の変化や皮膚の乾燥が原因といわれていますが、仮説ではあるけれども胎児と妊婦の血液型が違う場合、排除しようとして強く反応が出ることもあるとのことでした。


生まれたらウソのようにかゆみが消えた!

 

本当につらくて夜も起きてしまうほどのかゆみでした。睡眠不足になってしまいそうな状況で、自分なりに妊娠性皮膚掻痒症について調べて見ることに。すると、同じ苦しみを味わってる妊婦さんがたくさんいて、生まれたらウソのようにかゆみが消えた、という体験談が多くありました。

血液型が胎児と違う、プラス男の子の場合、さらに母親がO型、子どもがA型の場合にアレルギー反応がいちばん出るようです。そして迎えた出産。本当に不思議なほど、完全にかゆみは消え去りました。

 

 

血液型と妊娠性皮膚掻痒症の関係は体験談としてあるものの、あくまでも仮説です。妊婦に対して実験的なことはできず、薬も投与しにくいため不明な点がまだ多いようです。私に起こった妊娠性皮膚掻痒症の原因は定かではありませんが、もし血液型の違いで自分の子どもにもアレルギーが起こったのだとしたら、本当に不思議だなと感じた体験でした。(TEXT:荒津 綾子)

 


  • 3
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。