「泣いてちゃダメだ…」浮気夫の証拠集めを開始。のんきな夫に怒りが湧き… #娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

「娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした」第3話。夫・ナオキさんと娘・リンちゃんに囲まれ幸せな生活を送っていたリナさん。ある日、リナさんがソファの下を掃除していると怪しいタブレットを発見。リナさんは、試しに入れたパスワードでロックを解除できてしまい、タブレットの中身を探っていると「ヒナ」という女性の名前や女が写っている写真を発見しました。

夫が浮気…? 証拠集めを決意

タブレットの中にあった女の写真には、娘が一緒に写っていて……。

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 3

夫の浮気にショックを受けるも、「泣いているだけじゃダメだ!」と夫の浮気の証拠を集めることを決意。

 

しかし、何から始めていいのかがわからず、ひとまず、いつも通り夜ごはんの準備を進めることに。

 

「何がダメだったのだろう?」と考えながら、夕食の準備をしていると、夫が帰宅。

 

「疲れた〜」とのんきに帰ってくる夫に怒りを感じながらも、夫の行動を把握し、明日かおこなう浮気の証拠集めへの覚悟を決めました。

 


夫・サトシさんへの怒りや戸惑いの気持ちでいっぱいのリナさん。しかしリナさんは、自分がサトシさんの浮気に気づいていると知られて、浮気の証拠を消されることは避けたかったため、問い詰めたい気持ちを押し殺し、普段通り接しました。

 

信じている人に裏切られた被害者側が、大変な思いをして証拠を集めたり、我慢しないといけないことがあったりするのは、心身共にとてもつらいことですよね。しかし、相手の浮気疑惑を感じたときは、まずはきちんと事実確認のための証拠集めが必要。リナさんの納得する形で再スタートできるよう頑張ってほしいですね。

 

作画/釈氏とおる

 

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターリナ

    地獄のような経験をした元サレ妻。現在シングルマザーで娘1人、犬4匹、猫4匹と楽しく暮らしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    23 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶