40代の頑固なセルライトがお金をかけずに消えた!3カ月で成功した方法とは【体験談】

かつてはツンと上を向いていたおしりが、2回の出産を経て垂れ下がり、太ももとの境にはびっしりと頑固なセルライトがあるではありませんか。もう鏡を見るたびにがっかりでした。とはいえ、エステに行くような大金はありません。ならば、お金をかけずに自己流でセルライトの除去を試してみよう! そう思い立ち、3つの方法をおこなってみることにしたのです。その結果、3カ月でセルライトが消え、つるすべ肌を取り戻すことができました。その方法をお伝えします。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

エステ通いの代わりに太ももを揺すって

まずは敵を知るべしと思い、セルライトについてネットで検索してみることにしました。要は、肥大化した脂肪細胞が、代謝が悪くなり排出されなかった老廃物と一緒に凝り固まってしまったものを指すそうなのです。健康被害はありませんが、肌がボコボコになり美しくありません。

 

そこで私は、セルライトの除去には脂肪燃焼と代謝促進、そして凝り固まったものをほぐすことが必要なのだと理解し、最初は塊をほぐす方法を考えたのです。

 

ふと人生で一度だけ受けたブライダルエステが頭をよぎり、おなかなどを揺すられていた場面が思い浮かんできました。これだ! と思い、入浴時に体を洗ったついでに、おしりから太ももにかけてと、おなかを少しずつ場所を変えつつ、手を使って高速でブルブルっと揺すってみることにしたのです。最初は結構な重みと硬さに驚きましたが、日がたつにつれて軽くなり手ごたえを感じました。

 

それにプラスして運動を! と考え、朝子どもたちを学校に送り出した後、家の周辺をウォーキングしてみることにしたのです。テレビで、方法が大切と聞いたのを思い出し、姿勢を正して大股で息が上がる手前程度の速さで30分おこないました。すると、想像以上に体がポカポカになり、柔らかくほぐされていったのです。

 

SNSを活用してお金をかけずに運動

スクワットをする女性のイメージ

 

ウォーキングで体がほぐされ血行が促進されるのを実感した私は、脂肪燃焼と代謝促進にはもっと運動が必要と思い、インスタグラムをチェックしてみることにしました。

 

驚くほど情報が出てきました。ヨガやピラティスのインストラクター、整体師といった専門家の方から、素人だけど体の引き締めに成功した方まで。次第に共通の運動があることがわかってきました。

 

それは、下半身強化のためのスクワットやランジ、ふくらはぎに効果的なかかと上げ、太もも、おしり、おなかを絞るためのあお向けで足を開く足パカや自転車こぎ、おしりを上げるジャックナイフ、おしりから腰を上げるショルダーブリッジ、横向きで足を開く運動などでした。

 

そこで私は、ウォーキングの後に30分と時間を決めて、話題になっている下半身強化の運動すべてを試してみることにしたのです。形を正しくおこなわないと効果が出ないので、最初は形を覚えることを中心に、だんだん慣れてきたら回数を増やしていきました。

 

ただ回数にもポイントがあり、何回やったら良いということではなく、自分にとって疲れたな限界だなと感じた先に初めて効果が出てくるそうなのです。常に限界のもう一歩先を目指すようにしました。

 

すると、内ももが鍛えられて細くなり、もも裏にも力が入るようになり、おしりも引き締まってきたのです。ふくらはぎもキュッとなり、足首のむくみも解消されました。

 

 

効果アップのために筋膜はがしにも挑戦

ローラーを使ってストレッチをする女性のイメージ

 

せっかく運動をするなら、より効果を上げたいと思い、再びネット検索をしていたところ、筋肉を包んでいる筋膜がポイントであることがわかりました。長年の癖で非対象な姿勢や動作をしていたり、同じ姿勢を長時間続けたりしていることで、筋膜がよじれたり、ねじれたりしてしまい、運動効果を下げてしまうそうなのです。

 

そこで週2回、運動の後に筋膜はがしを試してみることにしました。専用のローラーを使う方法もありますが、タオルでも代用できるという情報を得て、それでおこなってみることに。フェイスタオルを使い、大きな結び目を二つ作るだけです。それをふくらはぎから、太もも、おしり、脇腹、おなかと当ててグリグリしていきます。最初はものすごく痛かったのですが、そのうち慣れていきました。痛いのは、筋膜がねじれていたり、よじれていたりしている証拠だそうです。

 

1か所につき20秒程度から始め、慣れてきたら1分以上続けるようにします。テレビを見ながらだったり、片手間でできるのが良いです。筋肉がついてくると、筋膜はがしも痛くなくなり、気持ち良くなっていくから不思議です。これこそ、筋膜のねじれやよじれが解消された証なのだと思いました。

 

3カ月で頑固なセルライトが消えた!

引き締まったおしりと太もものイメージ

 

3カ月ほど、太もも揺らし、ウォーキング、SNSで紹介されていた運動、そして筋膜はがしを続けていたところ、ふと鏡を見たら、垂れ下がっていたおしりが引き締まり、太ももとの境にあった頑固なセルライトが見事に消えているではありませんか! 感動ものでした。

 

まとめ

専門家の目から見たら、完全にセルライトが消えたとは言えないかもしれませんが、素人目には大満足です。大金を払ってエステに行かなくても撃退することができました。さらに、前ももの肌が想像以上につるつるになりました。

 

ただ、まだまだおなかのセルライトが残っています。内臓を包んでいるため、この部分は頑固なのだそうです。これからも継続して撃退したいです。目指せ、つるすべ肌!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/村澤綾香

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:竹みか

小4男子と高1女子の母。食べるのも作るのも大好きぽっちゃりオバチャンでしたが、半年前に一念発起。ダイエットに目覚め、体重15kg、体脂肪率7%落とすのに成功。今も絶賛継続中!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶