44歳、人生で最高体重に!太り続けた原因はまさかの薬の副作用にあった!【体験談】

現在44年の人生の中で一番太っていて、体重が重いです。増え続ける体重はなぜだろうと悩みましたが、コロナ禍で家にいる時間が増えた上、更年期間近でホルモンバランスが崩れたからかもしれないと思っていました。しかし、原因はある薬にあるとわかりました。体重増加の解決策とその後の体重がどうなったかをお話ししたいと思います。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

なぜ体重増加が止まらないのだろう

私はパニック障害で心療内科に通い始めて3年がたちますが、だんだん太ってきたことが気になるようになりました。この3年の間にコロナ禍となり、家にいることが多くなったこともあり、まず2年間で体重が5㎏増えました。さらにそこから半年で2~3㎏増加。44歳という年齢もあり、そろそろ更年期でホルモンバランスが崩れてきているから太ったのかと思っていました。ただ、更年期というだけでこんなに太り続けるのかと疑問でもあり悩んでいました。

 

そして月に一度の心療内科の通院日に、医師から言われたことで体重増加の原因がわかりました。「何か変わったことや、気になることはありますか?」と医師に聞かれ、「体重の増加が止まらないのが心配です」と伝えました。すると、医師は「今処方している薬は太りにくいとなっているが、実際は副作用で体重が増加する患者さんが多いです」とのこと。

 

私はまさか処方されている薬で太るなんて……と、とても驚きました。太り始めた時期がコロナ禍と重なっていましたが、原因はそれだけではなかったということがわかりました。

 

解決策は、減薬すること

内服薬イメージ

 

体重増加になった原因の薬を体調に合わせて増減しながら内服を続けて1年以上たちます。体調を良くするためには薬は変えたくないけれど、このまま内服を続けて体重が増えるのは嫌だなと思っていたところ、医師が「薬は変えないほうが良い。ただ、太るのが気になるなら減らしていくこともできますよ」と教えてくれました。

 

私は、更年期の症状が気になるため婦人科にも通っており、そちらでは漢方薬の「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」を処方されています。これは、汗がよく出る、なかなか汗が引かないという更年期症状の悩みに対しての漢方薬です。心療内科の医師によると、この漢方薬にはイライラを抑える効果もあるそうなので、心療内科の薬を2錠から1.5錠に減らしてもその分を加味逍遙散で補えるし、併用できるとのことでした。

 

 

その後の体重増加はストップ

調子がいい女性イメージ

 

漢方薬は体に合うと効果が高いと婦人科の医師に聞いていましたが、加味逍遙散はまさにそうでした。私の場合、内服してから2週間ほどで汗が出る頻度もイライラすることも減ったように感じています。心療内科の薬については、内服量を減らしてもイライラしたり体調が崩れたりすることはありませんでした。

 

今後は、加味逍遙散だけにできるか聞いてみようと思います。体重増加を抑えつつも、イライラを抑えるという治療目的にちょうど良いと聞いて安心しました。

 

そして悩みの体重増加は、ストップしました。増えてはいませんが減ってもいませんので、人生で最高に重い体重をキープしている状態です。体重が増え続けていくことが一番心配でしたので、ひとまずストップしたのでよかったです。

 

医師には、「人によりますが、薬による体重増加はある程度でストップしますよ」と言われたので、これで完全に体重増加が止まったのか、今後も様子見を続けていきます。同時に、1日の食事や運動などを気にかけて、体重が増えないように自分自身でも努力しようと決めました。これ以上、体重が増加すると悲しいことに洋服をたくさん買い替えないといけませんので、家計や生活に支障が出るレベルになるからです。

 

まとめ

44歳にして増え続ける体重、気が付けば人生で一番太っており、体重は最高値を更新し続けていました。更年期症状なのかと思いつつ、体重増加に悩んでいました。しかし、心療内科で処方された薬が太る原因だと医師に説明され、減薬し体重増加をストップさせることに成功。このまま、内服量と体重増加とのバランスを見ながら体調管理をしていくことにして、ひとまず人生最大の体重増加事件は解決となりました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:れいこ

電化製品好きな夫、保育園児の子ども2人、猫と暮らしている。コーヒーと美容家電が好き。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶