「ケチつけてないで、ほかのことに頭使ったら?」嫌味ばかりの夫についに反撃!すれると夫は… #私、逃げました 14

「私、逃げました」第14話。田舎の八百屋に嫁いだユメさん。夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意します。夕食時、早速夫と義母に向かって、息子のごはんをあげてほしいとお願いしますが、2人とも引き受けたがりません。

ユメさんは負けずに「ダイかお母さん、誰がいっくんを見てくれますか?」と引き下がると「2人で決めて」と言い、ダイは逃げてしまいます。子どもにごはんをあげるだけで、なんでこんなことになるのかと、うんざりして……。

 

ごはんはゆっくり食べられたけれど、モヤモヤは治らず…

私、逃げました_14_1

 

私、逃げました_14_2

 

私、逃げました_14_3

 

私、逃げました_14_4

 

 

私、逃げました_14_5

 

私、逃げました_14_6

 

私、逃げました_14_7

 

私、逃げました_14_8

 

 

私、逃げました_14_9

 

私、逃げました_14_10

 

私、逃げました_14_11

 

私、逃げました_14_12

 

 

私、逃げました_14_13

 

私、逃げました_14_14

 

私、逃げました_14_15

 

私、逃げました_14_16

 

ごはんを食べながら、「勇気を出してもいつも嫌な態度を取られるから、それなら言わずに私が我慢しようって、いつの間にか諦めていたんだ」と改めて気付いたユメさん。

 

今度は諦めずに言いたいことを言って、自分の人生を生きるのだと、心に誓います。

 

ユメさんは「やるぞ!」と気合を入れます。

 

そして、八百屋の仕事が落ち着いた時間に、以前ダイに否定されたチラシ案を考えていると……。

 

「いい加減それやめろよ。なんの生産性もねえし、時間の無駄。もっと頭使ってくれよ」

 

案の定、ダイが口を出してきました。

 

「ちょっとでも店の利益になるように、お客さんに喜んでもらえるように、頭を使ってチラシを考えているの」
「ダイこそ、人のことにケチつける暇があるなら、もっとほかのことに頭使ったら?」
「私は自分のやりたいようにやる」

 

ユメさんは意を決して言い返したのです。

 

言い返した後、「言ってやった!!」と思ったユメさん。自分なりの頑張りを否定ばかりされると、言い返したくもなりますよね。 

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    20 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶