臨月に裏切った夫。産後の妻と生まれたばかりのわが子にかけた第一声は…!?【臨月で浮気されました】#10

「臨月で浮気されました」第10話。臨月で浮気した夫には何も伝えず、出産日を迎えようとしていた毒島さん。ひとりで頑張ると決意するも、「本当にそれでいいの?」という助産師さんの言葉に、分娩台の上で気持ちが揺らぎます。毒島さんの本当の気持ちは……?

「ひとりで産むなんて望んでなかった」。毒島さんは出産する直前に自分の本当の気持ちに気づきますが、夫には今日出産することを伝えていません。今から連絡してもさすがに間に合わないだろと、助産師さんが持ってきてくれた携帯を見てみると……!

 

本当は一緒に…!分娩台で携帯を開くとそこには…!?

臨月で浮気されました#10

 

臨月で浮気されました#10

 

 

臨月で浮気されました#10

 

臨月で浮気されました#10

 

「あんなやつに子ども抱かせたくない」

 

妊娠中の浮気を許せず、夫に出産のことを伝えないままついに分娩台へ。ひとりで頑張ると決意していた毒島さんですが、助産師さんのひと言で本音が溢れ出てきます。

 

「ひとりで産むなんて望んでなかった。この子が生まれる瞬間を一緒に過ごしたい」

 

しかし、出産まであまり時間がありません。「間に合わないよな」と携帯を開くと、夫からのメッセージが……!

助産師さんと驚きの表情を見せる毒島さん。夫はたまたま仕事で病院の近くにいたのです。

 

奇跡的に、出産に立ち会ってもらうことができました。
 

「2人とも無事でよかった」

 

浮気の問題が解決しないまま迎えた出産でしたが、夫は宝物のように生まれたばかりわが子を抱いていました。

 

 

今までに味わったことのないような痛みが伴う出産。苦しいときに支えてほしい、父親としてわが子が生まれる瞬間に立ち会ってほしいなど、立ち会い出産を選ぶ理由はさまざま。コロナ禍で立ち会い出産が制限されることもある昨今では、希望通りに家族の立ち会いのもと出産に臨める環境は、決して当たり前ではないのだなと感じますね。

 

 

 

作画:シク

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライター毒島麗子

    Instagramで公開した「臨月で不倫されました」が話題を呼び電子書籍化。不倫されてから再構築に至るまでのマインドやノウハウを発信している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    12 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      あ、私より先に抱っこするんだ… 私も一人目の時に思ったな~ (10年前だけど) まあ、うちの場合、産院関係者以外で 一番最初に抱っこしたの実母だけども😆 助産師さんがパパにも抱っこして貰おうね! っ… もっと見る
      あ、私より先に抱っこするんだ…

      私も一人目の時に思ったな~
      (10年前だけど)
      まあ、うちの場合、産院関係者以外で
      一番最初に抱っこしたの実母だけども😆
      助産師さんがパパにも抱っこして貰おうね!
      って、分娩室前に息子を連れてってくれて
      パパが抱っこしようとしたら
      なんか知らんけど私の母が横取りした🤣

      二人目はコロナ前だけど立ち会わず
      母の方が先に病院来たから
      やっぱり母が一番に抱っこしてた笑

      三人目からはコロナで立ち会えずだったから
      必然的に私が先に抱っこした笑
    • 通報
      妻の妊娠中に浮気するなんて本当に信じられないですよね。漫画でも許せない!って思うけどもし現実にいたら最悪だし、結婚生活続けられないと思うかな。(そんな人いないと思うけど)
      +17 -3

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶