「あ、そういえば…」平穏な日々に突然亀裂が入った夫の驚愕の一言とは? #無職の夫に捨てられました 14

「無職の夫に捨てられました」第14話。離婚を切り出してきた夫が、たびたび仕事を辞めるようになったのはいつからだろう…。事の始まりは、息子がまだ小さい3歳の頃でした。共働きで、家計にも余裕があり、何の不満も心配もない平和な暮らしを送っていたカナコさん。その日もいつもと変わらず、仕事から帰宅した夫を迎えましたが…。

夫の無職癖はいつから始まったのだろう…と、当時のことを振り返るカナコさん。初めての無職、それは息子がまだ3歳のときのことでした。平穏で幸せな毎日は、ある日の夫の一言であっという間に壊されました…。

平穏で幸せな毎日。こんな日がずっと続くと思ってた…。

無職の夫に捨てられました42

 

無職の夫に捨てられました43

 

 

 

無職の夫に捨てられました44

夫が最初に仕事を辞めたのは、子どもがまだ小さい3歳のころ。カナコさんも貯金の計画や将来に向けた資金計画など、忙しい日々のなか家計をやりくりしていたようです。
 

共働きで忙しくも充実した幸せな毎日は、夫の何気ない「今年いっぱいで仕事辞めるから」という一言であっという間に崩れ去ってしまいます。あまりにも突然のことに固まってしまうカナコさん。一言の相談もなく、こんな大切なことを事後報告だけで伝えられたら、困惑してしまうのも当然です。
 

カナコさんに何の相談もせず、仕事を辞めることを決めた夫。夫が突然会社をやめてきたら、皆さんならどうしますか?

前の話:「ずっと思ってたんだけど」夫に離婚を言われ困惑する妻に母親が言い放った言葉とは… #無職の夫に捨てられました 13

 

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター黒田カナコ

    WEBブログやInstagramで、元夫との壮絶な離婚エピソードを綴る漫画家。息子と暮らすシングルマザー。好きなことは、毎晩の晩酌と~?

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶