「気持ち悪い…」つわりで家事も仕事もできない妻に夫がまさかの発言を… #害悪!過干渉義母 4

「害悪!過干渉義母」第4話。5年間妊活し、やっと妊娠できたミカさん。妊娠した喜びに浸る間もなく、つわりとの闘いが始まりました。日に日につわりの症状は重くなっていき、仕事はおろか夫の夕飯を作ることもままなりません。あまりにしんどそうな様子を見かねた夫は、ミカさんにある提案を持ち掛けます。

待望の赤ちゃんを妊娠し喜びにひたるミカさんを待っていたのは、つわりとの闘いでした。初めはむかむかする程度だった症状が、だんだんとエスカレートしていき、とうとう夫のごはんを作ることも困難になります。さらに、ミカさん自身もあまり食事をとることができなくなってしまいました。そんなミカさんの様子を見かねた夫は…。
 

つわりってこんなにしんどいの…!?夫のごはんさえ作れない…

害悪!過干渉義母1

 

害悪!過干渉義母2

 

害悪!過干渉義母3

 

 

 

害悪!過干渉義母4

 

害悪!過干渉義母5

 

害悪!過干渉義母6

つわりの影響で、夫のごはんを作ることもできなくなってしまったミカさん。調理中の匂いや柔軟剤の香りなど、身の回りのありとあらゆる匂いが不快になってしまうのが、つわりのしんどいところですね。
 

元々、妊娠してもできるだけ長く働きたいと思っていたミカさんでしたが、今の状況では出勤すらできなくなってしまったため、仕事は早めに休みをもらうことにします。職場への気がかりがなくなり気持ちも少し楽になるかと思いましたが、その分家の中にいる時間が増えたことでつわりの症状に悩まされる時間も増えてしまいました。家事はおろか、自分の食事もまともにとれなくなってしまったミカさん。

 

そんなミカさんの状況を見かねて、夫は「義母に話して手伝ってもらわないか?」と提案を持ち掛けます。まだ安定期にも入っておらず、義母に妊娠の報告さえもしていないことに戸惑うミカさんですが、夫は「自分の親や職場には言ってあるんだろ?」と問いかけます。果たしてミカさんは、夫の提案にどのような答えを出すのでしょうか。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      つわりで辛いだけなのに、ちゃんと心配して提案してくれる旦那さん、優しいですね!辛いなら仕事辞めれば、とか言う人もいるのに、お義母さんに手伝ってもらおうか、と提案してくれるなんて、よかったんじゃないかな… もっと見る
      つわりで辛いだけなのに、ちゃんと心配して提案してくれる旦那さん、優しいですね!辛いなら仕事辞めれば、とか言う人もいるのに、お義母さんに手伝ってもらおうか、と提案してくれるなんて、よかったんじゃないかなと思いました。

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶