「鏡の中に新しい私が!」うねり、クセ…髪悩みを解消して心もハッピーになった髪形とは【体験談】

30代も終わりに近づいたころ、出産後あるあるの抜け毛の悩みを抱くようになりました。数年間はそれまで通りのヘアケアでなんとか乗り切っているつもりだったのですが、40歳を超えると、抜け毛に加えてパサつきとハネ・クセ毛が気になるように……。「さすがにこれはもう産後のせいではなく加齢の影響で髪が変化しているのでは……!?」と気付いた私が、美容師さんからの提案で悩みから脱出し、さらには前向きになれた大変身についてお話しします!

 

朝のブローでは収まらないクセ

もともとクセ毛で雨の日や梅雨の時期には大爆発を起こしていた私の髪。さらに出産後にはものすごい量の抜け毛が気になるようになりましたが、抜け毛は一時的なものだと信じて、それまでのヘアケアを続けていました。

 

ですが40歳を過ぎたころから、ますます髪質がおかしくなってきたのです。うねりがひどくなり、クセだと思っていた箇所がグルングルンに渦巻くありさま! 気になった私は、育児中でヘアケアが満足にできないという理由もあり、ロングからボブへとヘアスタイルを変えました。

 

すると今度は髪を束ねることができなくなってしまったために、ハネたらハネたまま、うねったらうねったままその日を過ごすことになってしまい、悩みは解消するどころか大きくなる一方でした。

 

美容師におすすめされた髪形はなんと…!

美容室カットイメージ

 

そんなある日、初めての美容室で出会った美容師さんに悩みを打ち明けると、「思い切って、ベリーショートにしてみては?」と提案を受けました。ベリーショート!? それって、若い子がする髪形では?とちゅうちょしましたが、美容師さんは「とんでもない!」と言って、いくつかの例を画像で見せてくれました。

 

40代の私におすすめするショートということで、いわゆる「オバサンショート」を想像していた私は、そのおしゃれさにびっくり。鏡に視線を戻して、美容師さんが完成のイメージを語りながら「格好良くなりますよ!!」と後押ししてくれます。

 

思い起こせば、いつも通っていた美容院では私の好みを把握してくれていたため、新しい提案をされるということがなくなっていました。急にワクワクが止まらなくなった私は、思い切って「すべてを任せます!」と、美容師さんの提案に乗ることにしたのです。

 

 

クセ毛もショートなら動きが出てプラスに

カット中、襟足に当てられるバリカンや、耳のすぐ横で聞こえるはさみの音がとても心地良く感じました。「どうでしょう」と声をかけられて目を開くと、鏡の中には新しい私が!! 「キャーかわいい!!」と思わず声に出してしまいました。

 

輪郭のたるみが丸見えになるかも……と心配したのも一瞬で、かえって表情が明るく見え、印象が良くなったと感じました。気になっていたクセ毛は、髪に動きを与えてむしろプラスの印象に!

 

周りからも「かわいい!」「格好良い!」と高評価!

 

まとめ

ある日、仕事でよく顔を合わせる先輩が私より大胆なベリーショートに変わっていて、「あなたを見て格好良いと思ったから私もトライしてみた」と教えてくれました。自分が人に影響を与えられたことが、より自信につながりました。

 

髪質の悩みを解消してくれただけでなく、心もハッピーにしてくれたベリーショート! 思い切って試してみて、本当によかったです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Nao

アラフォーで高齢出産した現在未就学児のママ。気力体力の限界を感じてこれまでのバリバリ通勤型フルタイムの働き方から脱却するため、在宅ワークに奮闘中!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶