「白い毛が生えているなんて許せない!」40代でVIO脱毛を始めたきっかけは…【体験談】

20代のころからVIOを含めた全身脱毛に興味はありました。しかし、10代後半に脇の脱毛をしたエステサロンがトラウマに。高額なチケットや基礎化粧品を売りつけられた嫌な思い出が先行してしまい、脱毛に通うことをちゅうちょしていたら、あっという間に40代になってしまいました。しかし40代になって自分と向き合う時間が増えてくると、再び脱毛のことが頭をよぎるようになりました。そしてあることがきっかけで一気に脱毛を決心し、通い始めました。私のVIO脱毛の体験談を紹介します。

 

髪から始まった白髪が気付けば全身に

40代に入り目立つようになった白髪。髪の分け目から目立つようになり、美容院で初めておしゃれ染めではなく白髪染めを選択。同年代の友人と、白髪がだんだん多くなる現状を共有できたことで心が救われ、白髪を受け入れられるようになってきた矢先のある日……。ふと、足の甲を見ると、白い毛があることに気付きました。

 

さらによく自分の体を観察すると、膝や腕にも白い毛があります。福毛?と思いつつそれほど気にしていなかったのですが、ある部分に白い毛が生えているのを見つけてしまったときだけは、どうしても許せませんでした。

 

それは陰部です。陰毛が全部白くなったときのことを想像すると、どうしても受け入れられません。そうなるくらいなら全部なくしてしまえと考え、一気に脱毛へとかじを切り、突き進むことにしました。

 

VIO脱毛のみのはずが全身脱毛を選ぶ

カウンセリングイメージ

 

脱毛サロン選びにはとても神経を使いました。過去のトラウマがあるので、ネットの口コミやホームページの内容をくまなく確認。最初は病院での施術に絞って話を聞きに行きましたが、予約が取りづらかったり、夕方の時間帯のみの受付だったりと、私の希望時間とかけ離れていたのでやめました。

 

次に、医療脱毛をおこなっているところを調べました。20年前にエステサロンの美容脱毛ではチケットを売りつけられたトラウマがあるので、クリニックのほうが安心だと思ったのです。また、医療脱毛は、数多くのネットの口コミで効果が早く感じられるとあったので、早く終わらせたい私にはぴったりだと思いました。

 

本当はVIO脱毛のみでよかったのですが、私が調べた医療脱毛をおこなっているクリニックのすべてが、全身脱毛にVIOが含まれるという料金体系だったため、全身脱毛をすることに。そして、それらのクリニックのうち、最新機器を使用していて予約が取りやすい上、口コミの評判も上々のところを見つけ、カウンセリングを予約しました。

 

予約の日にサロンを訪れ、丁寧な説明を受け、基礎化粧品などを売りつけることはないというのを確認し、雰囲気がよかったこともあり即時契約をしました。料金は7回コースで税込み15万円くらいでした。

 

 

VIO脱毛初体験の感想

女性イメージ

 

首から下で毛が生えている場所は、施術の前日にすべて自分で剃っておきます。手が届かない場所は看護師さんが剃ってくれるとのことでしたが、VIOは特に剃り残しがないようにしてきてくださいと念を押されていたので、鏡を見ながら丁寧に剃って当日にのぞみました。

 

私は体のどの部分を見られても割と平気ですが、やはりVIO部分をさらけ出すのには緊張と不安が入り混じり、思わず体に力が入りました。看護師さんは私の表情や行動から察してくれて、終始丁寧な対応で機器を当ててくれました。

 

痛さはゼロではなく、毛が太い部分は特にチクチクとした痛みがありました。看護師さんが「あと○分です」とこまかく機械を当てる時間を教えてくれたので、多少痛くても我慢できたのだと思います。

 

まとめ

私の場合7回コースのまだ1回目を終えた現状なので効果は感じられません。でも、陰毛を剃ったことにより、時々生じていた生理のときのムレやかゆみが今回はなかったので、それだけでもVIO脱毛を始めてよかったなと思っています。

 

また、脇の脱毛に通っていた20年以上前よりも、手軽な料金で質の高い機器を使った施術を受けられることも脱毛に通うことを後押ししてくれました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラスト/sawawa

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:徳 衿唯

最近夫が「サウナー」になり、誘われるのでついていったある場所で「ロウリュウ」を体験。サウナの醍醐味を体感し、「サウナー」一歩手前な専業主婦。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶