夜の仕事で姉妹を置き去りにする母。心細いなか夜道を歩いていると… #家族、辞めてもいいですか? 10

「家族、辞めてもいいですか?」第10話。魚田コットンさんが小学校に上がったころ。お母さんは夜も仕事へ出かけるようになりました。お父さんは相変わらずでお兄さんも家にはほぼおらず、平日はお姉さんと2人きりで……

夜ご飯はお姉さんが外へ買いに行ってくれて、魚田コットンさんはひとり家で待っていました。夜にひとりになりたくない魚田コットンさんでしたが、お母さんへ「夜に仕事へ行って欲しくない」というわがままを言うことはできませんでした……。

 

忙しい母は姉妹を置き去りにして…

家族、辞めてもいいですか? 第10話_1

 

 

家族、辞めてもいいですか? 第10話_2

 

 

家族、辞めてもいいですか? 第10話_3

 

当時住んでいた家にはお風呂がなかったため、近所の銭湯へ通っていた魚田コットンさん一家。

お風呂に入るのは面倒で好きではなかった魚田コットンさんでしたが、銭湯の広い湯船は嫌いではありませんでした。

 

しかし……

「あっやば! もうこんな時間や。お母さん仕事遅れるから、先行くね!」

「これハイ、夜ごはん。じゃあね!」

お姉さんにお金を渡して先に銭湯を出てしまうお母さん。

 

こんな日は、帰りに2人で近くのコンビニへ寄り、各々好きなものを夜ごはんとして買いました。

 

「またそんなのばっか買って! もっと違うのも食べよ!」

お母さんがいないと、少し厳しくなるお姉さん。

 

そうしてまた2人で夜道を歩いて帰るのですが、これはまだマシな日だったのです……。

 

 

 

お姉さんは“お母さんの代わりにならなきゃ”という気持ちからか、少し厳しくなったり、妹の食事のバランスを考えてくれたりして、思いやりがありますね。

しかし、中学生のお姉さんがいるとはいえ、未成年の子ども2人に夜道を歩いて帰らせるとは……事件や事故に巻き込まれる可能性があるので危険です。そういったことは、出来る限り避けたいですね。

 

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター魚田 コットン

    夫と3人のこどもと猫と暮らすエッセイ漫画家。過去の出来事などを描いた絵日記ブログ「甘辛めもりぃず」を運営。好きな食べ物はからあげ。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶