「ん?何、この白い粒々…」久しぶりにサニタリーボックスを開けると…トラウマ級の光景が!

大学生になり、初めてひとり暮らしをすることになった私。しかしズボラな性格の私は部屋の掃除をサボるようになり……。今でもトラウマになるような、ある大きな失敗をしてしまったのです。

「ん?何、この白い粒々…」久しぶりにサニタリーボックスを開けると…トラウマ級の光景が!

 

「ん?何、この白い粒々…」久しぶりにサニタリーボックスを開けると…トラウマ級の光景が!

 

大学生になりひとり暮らしを開始

私は大学2年生の春、キャンパスの移動に伴ってひとり暮らしをすることになりました。実家ではあまり家事の手伝いをしていなかったため、炊事、掃除、洗濯と、あらゆる家事がほとんど初めての状態。四苦八苦しながらも慣れない生活を送っていました。

 

その中でも、私が特に苦手だったのは掃除や整理整頓。生来のズボラさや大学生活の忙しさも相まって、いわゆる汚部屋といった状態とはいかないまでも、気づけば掃除はサボり気味になっていました。

 

使用済みナプキンを片付けようとすると…

そしてひとり暮らしを始めて、初めての夏を迎えました。夏ころになると暮らしにも慣れてきて、「掃除は意外とサボっていてもどうにかなるものだな」と、私は掃除をしなくても半ば開き直るようになっていました。

 

そんなある日、トイレに行くと使用済みナプキンを入れるためのサニタリーボックスが目に留まりました。「そういえばだいぶ長いこと片付けていなかったな」と思い出し、久しぶりにサニタリーボックスを掃除しようとフタを開けると……。

 

中に入っていた使用済みのナプキンの周りに、白い粒々がついているのに気づきました。不思議に思って近くで見てみると、その白い粒々はうねうねと動いていて、私はそれが「うじ虫」であることに気づいたのです!

 

ズボラすぎた自分を反省

血液は腐敗しやすく虫が湧きやすいということは知っていましたが、まさか使用済みの生理用ナプキンに……とは思っていませんでした。夏場だったこともあって、長時間放置された使用済みナプキンは、うじ虫の格好のエサとなっていたのです。

 

私はまさかすぎるショッキングな光景に、しばらくそれを片付けることもできず、トイレに入ることもできなくなりました。それから決死の思いで何とか片付けはおこなったものの、この出来事は今でも私の大きなトラウマです。

 

 

大反省したこの出来事以降、私はトイレに使用済みナプキンを捨てるサニタリーボックスを置くことができなくなってしまいました。それは、結婚し夫と暮らすようになった今でも変わりません。

 

今では、ナプキンを替えた際には1回ごとに黒いポリ袋に使用済みナプキンを入れて、通常のごみ箱に捨てるように。ごみ捨て自体もこまめにおこなうようになりました。そもそも、掃除ができていれば防げた事件ではありますが、改めて掃除をこまめにおこなう大切さをしみじみと感じた出来事でした。

 

※うじ虫はハエの幼虫で、ハエは長時間放置された生ごみや動物の死骸、汚れた水回りなどを好んでやってきます。長時間汚れたままで放置することでやってきたハエが卵を産み付け、卵が孵化してうじ虫が発生してしまうようです。使用済みナプキンはこまめに片付けるようにしましょう。

 

著者/百田
作画/ちゃこ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶