「いらんって言われたら…」転職活動が進み、別の恐怖が夫を襲い #旦那がブラック企業から転職 16

「旦那がブラック企業から転職」第16話。看護師でブロガーの秋山はなさん。ブラック企業で働く旦那さんをマンガにしています。秋山さんの旦那さんは転職を決意しますが、希望するA社に募集の予定がないことが判明。落ち込む旦那さんでしたが……。

転職を希望しているA社に募集の予定がなかったことを知り、転職したいのにうまくいかないとネガティブモードになっている旦那さん。そんな旦那さんに、秋山さんはもともと同じ会社に勤めていた先輩のN田さんが転職したD社を勧めます。D社の場合、給料が下がってしまうことについては、秋山さんがパートしていること、子どもにかかるお金も何とかなると伝えると、旦那さんは転職に向けて動くことを決意しました。

 

そこで、D社への転職準備を始めた旦那さん。D社に勤める先輩N田さんに、「D社は試験もあるし、評価もされるから頑張れよ」と言われたことを思い出し、D社に応募するのですが、また不安にかられて……。

 

 

転職に向けて動き出すも、恐怖が襲い…

旦那がブラック企業から転職 16

 

旦那がブラック企業から転職 16

 

 

旦那がブラック企業から転職 16

 

旦那がブラック企業から転職 16

 

D社以外の会社も調べたのですが、結局応募できるのはD社のみ。

 

私はD社に応募できてよかったと思うのですが、旦那的には、選択肢が1社だけだったという残念さと、「D社にも必要とされていなかったらどうしよう」という恐怖で、モヤモヤしていたようです。

 

旦那の転職に対して今更感はありましたが、私が冷めていたからこそ、旦那にプレッシャーかけずにいられました!

 

 

先輩のN田さんから自分を必要と言ってもらえたのはうれしいことですし、自信にはなりますね。でも、確実に受かると決まったわけではないですし、応募できる会社が1社だけとなると、とても不安になりますよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター秋山はな

    地味に個性的な三姉妹を育てるママ。ワンオペ暗黒時代からイラストを発信している。現在はパート看護師×イラスト×ブログで忙しい毎日を送っている。夫は転職に向けて燃えている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶