「被害者面がひどいよね〜」悩むママを励ましたあと、陰では悲劇のヒロインと冷笑し…【うっとうしい悪口ボスママに制裁を!】#14

原黒ゆうこさんの幼稚園のママ友トラブル体験談を描いた「うっとうしい悪口ボスママに制裁を!」第14話。「子どもが意地悪されて、幼稚園を休んでいる」と悩んでいた、ユウコさんと同じ幼稚園のママ・リサさん。その話を聞いた、ボスママ的存在のママ友・マサエさんは、「問題が解決しないときは、私が保護者会を開くから!」と、心強い言葉をリサさんにかけました。悪口が多く、マサエさんとの関係性に悩んでいたユウコさんですが、「こういうときは、マサエさん本当に頼りになるな」と、感心していました。

子どもが意地悪されていることに悩んでいたリサさんは、マサエさんの言葉にひと安心……。ユウコさんやママ友のミカさん、ユリさんも一緒にリサさんを励まします。しかし次の日、ユウコさんは久しぶりに、ママ友とのランチ会に参加すると……。

 

本当に同一人物…!?ランチ会での会話に驚愕

うっとうしい悪口ボスママに制裁を!#14

 

 

うっとうしい悪口ボスママに制裁を!#14

 

 

うっとうしい悪口ボスママに制裁を!#14

 

 

うっとうしい悪口ボスママに制裁を!#14

 

ユウコさんは、久しぶりにママ友とのランチ会に参加することに。

 

たわいもない会話をしていると、昨日、子どものことで悩んでいた幼稚園ママ・リサさんの話題になりました。

「早く解決するといいよね」と話していると、マサエさんが表情を変え、ひと言。

 

「転園するって、ちょっと大げさよね」

 

リサさんの前では、とても心配している様子だったマサエさん。そしてミカさんからも……。

 

「うんうん、被害者面すごいよね〜」

 

マサエさんの言葉をきっかけに、「リサさんは過保護だ」と話し始めます……。

 

昨日はリサさんを励ましていた、マサエさんとミカさん。まさか陰口が始まるとは思わず、ユウコさんは驚きを隠せません。そして、ユリさんも、面白おかしく犯人探しをするミカさんに便乗して盛り上がります。

 

「ミカさんもユリさんも、最近マサエさんに似てきてる……」

「もしかして私も、周りから同じように見えてるのかな」

 

ユウコさんは、不安に襲われるのでした。

 

 

ママ友との会話で、その場にいない他のママの話題で盛り上がってしまうことって、“あるある”ではないでしょうか。自分にとって心にもない悪口のような内容でも、なんとなく話を合わせているうちに、周囲から見ると“悪口ばかり言うママ”になってしまっているのかも……。ユウコさんのように不安を感じたとき、皆さんはどのように行動しますか?

作画:松本うち

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター原黒ゆうこ

    2人の子持ち主婦。実話を基にしたマンガをInstagramに投稿中。出産してから毒親育ちだと気づく。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶