「レスだったから…」何開き直ってるの?不倫相手を妊娠させた夫の言い訳がひどすぎる! #娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 15

「娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした」第15話。夫・ナオキさんと娘・リンちゃんと家族3人で暮らしていた、リナさん。ある日、ナオキさんの浮気が判明し、リナさんはナオキさんの浮気の確実な証拠を取ろうと決意します。リナさんはナオキさんが家に浮気相手・ヒナを家に連れ込んだのを確認すると、2人の行為を録画しました。そして、そのまま現場に乗り込み、ナオキさんに離婚の意思とヒナに慰謝料の請求をすることを告げました。しかし、その場で「離婚したくない」ナオキさんと、「離婚してほしい」ヒナのケンカが勃発。リナさんはとりあえず、ヒナを一旦帰らせることにしました。

不倫夫の言い訳

後日、ヒナから話し合いの場がほしいと言われ、再び家に呼んだ。

すると、ヒナからは「慰謝料は300万円ではなく、20万円くらいなら払える」「親権を譲ってくれ」と不倫相手とは思えないほど、堂々とした態度で言われた。

 

さらに、ヒナは夫の子を妊娠していたようで……。

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 15

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 15

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 15

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 15

 

夫の子を妊娠した、浮気相手・ヒナは「堕ろす選択肢はない」と夫に言った。

 

夫は必死に「俺はヒナと一緒になれない! 本当にごめん!」と謝罪。

 

2人の掛け合いを「もうどうでもいい」と感じた私は、「こっちは離婚するから、(妊娠している)子どものことは2人で話してくれない?」と言うと、「俺は離婚しない!」とかたくなに拒否する夫。

 

ヒナが「どうして、離婚しないの?」「あれだけ私に好きって言っておきながら……」と夫に聞くと……。

 

「あれは、冗談!」「その場の嘘!」「嫁以外ありえないから!」と浮気をした人間とは思えない薄情な言い訳を言い出した。

 

「私以外ありえないって言ってる人が浮気なんてしないでしょ」と言うと、夫は「俺たちセックスレスだったじゃん」「そんなときに、言い寄られたら……」と呆れてしまうような言い訳を付け加えた。

 

すると、いつまでも「離婚する」と言ってくれない夫に、しびれを切らしたのか、ヒナは包丁を持って「ここで嫁を刺してやる!」と豹変した。

 


「レスだったじゃん」と自分の不倫行動を正当化しようとする、夫・ナオキさん。

自分を守ることしか考えない人に、家庭を守ることはできるのでしょうか。

リナさんや娘・リンちゃんのために、早く離婚してあげてほしいですよね。

 

 

作画/釈氏とおる

 

※人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り、施行されます。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターリナ

    地獄のような経験をした元サレ妻。現在シングルマザーで娘1人、犬4匹、猫4匹と楽しく暮らしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶