「ナオキくんの血が入ってるから…」親権が欲しいと言う不倫女に理由を聞いてみると、衝撃の言葉が返ってきて… #娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 16

「娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした」第16話。夫・ナオキさんと娘・リンちゃんと家族3人で暮らしていた、リナさん。ある日、ナオキさんの浮気が判明。ナオキさんの浮気の証拠を取るため、リナさんはナオキさんが家に浮気相手・ヒナを家に連れ込んだ際に、2人の行為を録画しました。そして、そのまま現場に乗り込み、ナオキさんに離婚の意思とヒナに慰謝料の請求をすることを告げました。

すると、「離婚したくない」ナオキさんと、「離婚してほしい」ヒナのケンカが勃発。ひとまずリナさんは、ヒナを一旦帰らせることにしました。

浮気相手は意味不明な言動を連発し…

後日、浮気相手・ヒナから「話し合いたい」と言われたため、自宅に呼んだ。

そこでは、ヒナからは、夫の子を妊娠してることを告げられた。

しかし、それを知っても、まだ「離婚する」と言わない夫。そんな夫を見たヒナは、包丁を取り出して……。

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 16

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 16

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 16

 

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 16

 

「刺されるのは、困る……」と思った私は、「夫と一緒になるどころか、刑務所行きだよ」と言うと、浮気相手・ヒナはあっさり引き下がった。

 

ヒナの情緒の移り変わりがあまりにも激しく、怖かった。

 

そして、ヒナは妊娠した理由を語り出した。

 

ヒナが言うには、妊娠したのは、注射器のようなものでゴムから夫の精子を取り出して、自分の中に入れていたそう。

 

今までのヒナの行動を見てきた私は、特に驚くことはなかった。

 

私は、追加でヒナに妊娠しているのに、なぜ私の娘の親権が欲しいのかと聞いた。

 

すると、ヒナは「好きな人の血を分けた子どもが、別の女のもとにいるなんて嫌でしょ?」「ナオキくんの血が入ってるから欲しいの」と衝撃の理由を出してきた。

 

正直、ヒナの容姿はかなり良く、なぜ夫に執着するのか疑問だ。

 

私はとにかく「離婚したい」と思っていたので、その意思を夫に再度告げ、夫とヒナを家から出した。

 


「離婚する」と言うリナさんに「なんで勝手に決めるの?」「僕は離婚しないって言ってるじゃん」と自分が家族をバラバラにする原因を作ったにもかかわらず、離婚には応じようとしないナオキさん。自分にも決定権があると思っていることに、驚きですよね。

 

作画/釈氏とおる

 

※人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り、施行されます。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターリナ

    地獄のような経験をした元サレ妻。現在シングルマザーで娘1人、犬4匹、猫4匹と楽しく暮らしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    23 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶