わが子にお願いしてる!お手伝いリストTOP3

2016/12/14 08:00
6
よくお手伝いをお願いしているのが洗濯物です。グチャグチャになると困るものはお願いしないのがポイント。洗濯物を入れたカゴを干す場所まで持ってきてもらったり、子ども自身の洗濯物をたたませるなど、簡単なことをお願いしています。掃除ではフローリングワイパーを渡しています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お手伝い

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。子どもはママやパパのお手伝いが大好きですよね。喜んでお手伝いを始めたかと思えば、途中で飽きることもあったり。お手伝いは子どもにとって遊びのひとつなんでしょうね。

 

そこで今回はわが子にお願いしているシーン別のお手伝いリストTOP3をご紹介します。

 

簡単にできることを!洗濯物のお手伝い

 

よくお手伝いをお願いしているのが洗濯物です。グチャグチャになると困るものはお願いしないのがポイント。具体的には以下のようなことをお願いしています。

 

1.洗濯物を入れたカゴを干す場所まで持ってきてもらう

 

2.子どもの手が届くクリップ式の物干しにハンカチやタオルを干してもらう

 

3.子ども自身の洗濯物をたたませる

 

4.乾いたトイレマットやバスマットをあった場所に持って行ってねとお願いする

 

やる気みなぎる!掃除のお手伝い

 

掃除機を取り出すと、なぜかお手伝いする気満々のわが子。掃除機を貸してしまうと、掃除が進まないので「フローリングワイパー」を渡しています。そのほか、以下の方法もおすすめです。

 

1.子ども用の掃除玩具を使う

 

2.粘着式クリーナーでカーペット上をコロコロ

 

3.掃除機のコード巻き取りボタンを押してもらう

 

4.小さめの雑巾を手渡して「ここを拭いてくれる?」と場所を指定して掃除を頼む

 


マネしたい!料理・食事のお手伝い

 

料理や食事の支度だけはお手伝いさせられない・・・。そう思っていましたが、危険なことでなければお願いできると思いました。例えばこんなこと。

 

1.冷蔵庫から「キャベツを取ってきて」など食材を取り出してもらう

 

2.玉ねぎの皮をむいてもらう

 

3.テーブルをふきんで拭いてもらう

 

4.プラスチック製のコップやお皿を運んでもらう

 

 

ときには子どものお手伝いに付き合うのが面倒だと感じることも。しかしお手伝いは社会勉強のひとつ。今はまだ遊びの感覚だとしても、いつしか本当のお手伝いへと繋がるかもしれません。そんな淡い期待を抱いている私でした。(TEXT:ママライター 田中由惟)

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。