「前から言いたかったんだけど…」仕事の役に立ちたくて書いたチラシ。それを見た義母はまさかの… #私、逃げました 17

「私、逃げました」第17話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まり、「いいネタになるかも。ぜひ今度詳しくお話を聞かせてもらいたいです」と言われます。

夫・ダイにまた頭ごなしに否定されるかと思いきや、「今話聞いてやってください」
と意外な反応。ユメさんはダイが認めてくれたことを嬉しく思います。そして、ユメさんに謝りたいと思っていた男性スタッフ・コースケがチラシについての話を聞くことになって……。

 

若い男性スタッフと2人きり…!?

私、逃げました_17_1

 

私、逃げました_17_2

 

私、逃げました_17_3

 

私、逃げました_17_4

 

私、逃げました_17_5

 

私、逃げました_17_6

 

 

私、逃げました_17_7

 

私、逃げました_17_8

 

私、逃げました_17_9

 

私、逃げました_17_10

 

私、逃げました_17_11

 

私、逃げました_17_12

 

 

私、逃げました_17_13

 

私、逃げました_17_14

 

私、逃げました_17_15

 

私、逃げました_17_16

 

仕事といえど、美人な人妻と2人きり……。いいのか……!?

 

コースケが思いもよらぬ展開にひとりソワソワしていると、「誰かいるのかい?」と義母が登場します。

 

そしてユメさんが義母に「私のこのチラシが取材のネタになるかもしれないって、今からいろいろ聞いてくださるんです」と興奮気味に伝えると……。

 

「……こんなのが?」
 

「お遊びでやってるこんなお絵描きをテレビで流されたら、うちのブランド力が下がるじゃない」

 

義母の口から出たのは辛辣な言葉。そして……。


「ユメさん……前から言いたかったんだけど……」

 

突然、義母の説教が始まったのです。

 

悪気がないとしても、義母の言葉は傷付きますよね。温かい言葉をかけてほしいものですね。 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    20 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶