「どこの遊園地行ったんですか?」ママ友の反応が衝撃でついていけない! #もしかして、近所のあの子は放置子 11

「もしかして、近所のあの子は放置子」第11話。公園で4歳の女の子、みっちゃんと出会ったさくらさん親子。みっちゃんはいつもひとりで、大人の付き添いの姿はありません。

ある日、さくらさんの自宅が知られてしまい、みっちゃんは朝から来るように。ママのない子さんはみっちゃんとは違ってとても派手なママでした。ない子さんは、みっちゃんをお迎えにきたと思えば勝手にさくらさんの家に上がり、金持ち自慢を始めます。2人が帰った後に夫に愚痴をこぼすと、「主婦の悩みはその程度でいいよな」と馬鹿にされてしまいました。

さくらさん家族が遊園地へお出かけの当日も、みっちゃんはひとりでやって来ました。なんとか帰ってくれたけれど、出発前から疲弊するさくらさん。遊園地も子どもたちのお世話に追われて帰宅時には疲労MAXでした。

「どこの遊園地に行ったんですか?」に答えると…

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

 

#もしかして、近所のあの子は放置子 11

遊園地から帰宅後、何も手伝わない夫にモヤモヤしたさくらさん。翌日気分転換に散歩に出かけました。

 

すると、みっちゃんのママ、ない子さんにバッタリ!

 

ない子さんに昨日、どこの遊園地に行ったのか聞かれたさくらさんは、「ゆーゆーランド」と答えました。それを聞いて驚くない子さん。そして、

 

「あそこ入園料やっすいよね~」

 

と言い放ったのです。さらに自分たちは入園料の高いB遊園地に行くと言いました。入園料でマウントを取ってくるない子さんに、ついていけないと感じたさくらさん。

 

「そういえば、みっちゃんのパパは単身赴任なんですか?」

 

と、別の話題を振りました。

 

なぜかない子さんは焦りながら、旦那さんが海外に行っていると答えます。そしてそそくさと帰っていったのでした。

 

◇  ◇  ◇

 

入園料まで比較して自慢をしてくるない子さん。どうしてそんなところにこだわるのでしょうか。子どもにとっては入園料は関係ないことを、さくらさんの長女ちゃんの「私も好き! 楽しかったよ~」の言葉が証明してくれていますね。

 


 

「もしかして、近所のあの子は放置子」のマンガは、下記にて掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターもっち

    暮らしやお金のことに関するブログを運営している共働きママ。Instagramでは、怖い女たちの体験談・子育て・ママあるある・ママ友トラブルなどの実体験マンガを公開中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶