現役保育士に聞いた!子どもの「自分で!」の解決法

2016/12/23 19:00
わが子が「自分で!」と訴えてきても、つい親がやってしまうこともありました。私が知る保育士に聞いてみると「時々は親がやってOK」とのこと。また、手順を教えたら意欲を無くすことについては、今は手順だけを教えてもダメ。褒められることで意欲がわいてくるとのこと。2歳前後は出来るようになることよりも、失敗を経験して何度も繰り返す経験が大切だと感じました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
育児中のQ&A

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。2歳前後は自己主張の絶頂期ですよね。わが子が「自分で!」と訴えてきても、つい親がやってしまうこともありました。今の対応で大丈夫なのか?と心配になったことも。そこで現役の保育士に気になる点を相談してみることにしました。学んだポイントをご紹介します。

 

時間がない!親がやってしまって大丈夫?

 

出かける前など時間が迫っているとき、「靴を自分で履く!」と言ってきます。しばらく様子を見るものの、なかなか履けない……。見ている側は手伝ってしまいたくなりますよね。急いでいるときはなおさらです。こういった場合、親が全部やってしまって大丈夫なのでしょうか?

 

私が知る保育士に聞いてみました。すると「時々は親がやってOK」とのこと。基本は一人でやらせてあげるのが一番ですが、急いでいるときは仕方がないですもんね。

 

手順を教えたら意欲をなくす……どうすれば!?

 

2歳を過ぎてからお箸の練習をしようと矯正箸を購入。「この指をシリコンのくぼみに合わせるんだよ」と手順を説明するのですが、何度やってもできません。お箸の練習どころか、使い方が分からない。この状況に子どもは困惑して意欲をなくしてしまいました。

 

この話を保育士にしたところ「今は手順だけを教えてもダメ。褒められることで意欲がわいてくるので肯定する意識を持ったら?」とアドバイスしてくれました。

 


そもそも自分でうまくできるのっていつ?

 

着替えにトイレ、食事など一体いつから自分でできるの?と疑問を持ったことはありませんか?個人差もありますが、生活習慣は3歳ごろから自立し始めるそうです。

 

わが子は現在5歳。ふと振り返ってみると3歳を過ぎたころから、うんと楽になったなと感じました。今まで出来なかったボタン掛けなど、いつの間にかできるようになっていました。手指の発達に伴って、今まで出来なかったことが出来るようになると感じました。

 

2歳前後は出来るようになることよりも、失敗を経験して何度も繰り返す経験が大切だと感じました。それが今後の自立につながっていくのでしょうね。子どもの「自分で!」に気長に構えることもポイントだと思います。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 2
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。