どんな夫婦にでも起こる? がんの治療後、立ちはだかったのは夫婦生活の壁 #子宮頸がんとレス 1

「子宮頸がんとレス」第1話。2012年に子宮頸がんが判明した、はたの有咲さんの闘病後の夫婦生活を描いたマンガを紹介します。子宮頸がんが判明して、子宮の全摘手術を受けたはたの有咲さん。その後、放射線治療をおこない、がんは治ったものの……。※2021年のお話です。

2012年に子宮頸がんを患い、つらい闘病生活を送ることになったはたの有咲さん。子宮を全摘し、がんは完治しました。

 

がんが完治し、これまでの生活に戻ったと思ったのもつかの間。はたの有咲さん夫婦に「夫婦生活の壁」が立ちはだかったのです!

 

闘病後の夫婦生活の壁とは?

#子宮頸がんとレス1

 

#子宮頸がんとレス1

 

 

#子宮頸がんとレス1

 

#子宮頸がんとレス1

 

 

#子宮頸がんとレス1

 

私は2011年の10月に受けた子宮頸がんの検査に引っかかり、再検査をしたところ手術を勧められました。衝撃を受けつつも、子宮頸部円錐切除の手術をしてもらいました。

 

手術の10日後には病理検査の結果が出て、子宮頸がんであることが判明! 悲しむ間もなく子宮の全摘手術を受けることになりました。

 

その後、放射線治療を受けて一時期は心身ともにつらい状態に……。

 

体調は年々少しずつ回復し、自分でも驚くほどに元気になりました。がんが再発することなく無事に5年がたち、今では3カ月に1度婦人科で女性ホルモンの薬を処方してもらうだけになりました。

 

ただ、私は治療だけではなくもう1つ大きな問題を抱えていました。

 

それは夫との夫婦生活について! 子宮頸がんの治療が終わってからの6年間、私は夫婦生活のせいでとても悩むことになりました……。

 

 

子宮頸がんになったはたの有咲さんに待ち受けていたのはつらい治療の日々でした。子宮全摘手術や放射線治療を経て、再発を恐れながら5年間を過ごしたのだそう。しかし、その先には夫婦生活の壁が待っており、はたの有咲さんはたびたび悩むことに。夫婦にとって夫婦生活はとても大きな問題ですよね。皆さんは夫婦生活で悩んでいることはありますか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

#子宮頸がんとレス1

 

■コミックス情報

「子宮頸がんとセックスレス」

著者:はたの有咲

定価:150円(税抜)

出版社:秋水社ORIGINAL

 

©︎はたの有咲/秋水社

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 子宮頸がんとレス
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターはたの 有咲

    マンガ家で3姉妹の母。子宮頸が(IB1期)の治療から11年が経過。治療経験を描いたマンガを描いている。「mini SUGAR」にて4コママンガを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶