「夫婦の勘って一番当たるんです」夫の浮気を疑う妻。背中を押してくれたのは…【サレ妻、探偵になる】#10

「サレ妻になり今は浮気探偵やってます」第10話。専業主婦のコマさんの夫・ジュンさんは、不倫相手と口論となった際、皿などを壊し、器物損壊容疑で警察に留置されました。一度は離婚を考えるも、悩んだ末、夫婦関係を修復することを決意したコマさん。反省する様子を見せていたジュンさんですが、家族が寝ている隙に出かけたり、無断外泊をしたり、浮気を疑われるような行為を繰り返します。

疑わしい行動を繰り返すジュンさん、そんな息子をかばい、“夫を信じられない妻が悪い”と言わんばかりに、コマさんを咎める義母。うんざりしていたコマさんは、熟年離婚を心に決め、なんとか夫婦生活を続けようとしていました。

 

しかし、黙って外泊したジュンさんを疑うコマさんに、「やり直すと決めたなら、ドーンと夫を信じなさい!」という、コマさんの気持ちを一切無視した、義母の言葉をきっかけに、コマさんの中で何かが崩壊。ついにコマさんは、離婚を決意するのでした。

 

怪しいけど、浮気している確証はない。そんなときは…

サレ妻、探偵になる#10

 

 

サレ妻、探偵になる#10

 

 

サレ妻、探偵になる#10

 

サレ妻、探偵になる#10

 

 

サレ妻、探偵になる#10

 

離婚の意思を固めたコマさんですが、夫のあきれる行動の数々を思うと、情けなさから家族や友人に相談することができませんでした。

 

そこで、ネットの質問サイトに投稿してみることに。離婚に向けてどう動けばいいか質問してみると、“探偵”とのアンサーがありました。

 

早速、探偵を検索し、“善は急げ”という気持ちで、目についたところに問い合わせたコマさん。

 

「夫が浮気してるかもしれなくて……」

 

「何も掴んでないなら、調査は難しいよ!」

 

威圧的な電話口の相手にひるんでしまい、すぐに電話を切ります。

 

次はきちんと調べてから問い合わせようと、再び探偵を検索。評判が良さそうな探偵事務所を見つけますが、先ほどの威圧的な男性の声が頭に浮かびます。

 

「また、横柄に断られたらどうしよう……。せっかく見つけた希望の道なのに、土砂崩れが起きそうで怖い」

 

今のコマさんにとって、頼みの綱は探偵のみ。勇気を出して電話してみると……。

 

「夫が浮気してるかもしれなくて、でも証拠もなくって……。すみません、ただの勘なんですけど」

 

「夫婦の勘って一番当たるんですよ。何かつらい思いをされたのではないですか?」

 

電話口の女性は、やさしくコマさんに問いかけます。先ほどの探偵事務所とのギャップに、コマさんは面食らってしまうのでした。

 

 

夫の浮気や、その後の怪しい行動を情けなく思い、ネットの質問サイトで相談したコマさん。誰しも家族や友人に、相談しづらいことってありますよね。自分の悩みについて客観的な意見をもらいたくても、周りの人に話しづらい内容のとき、皆さんならどうしますか?

 


作画:蒼衣ユノ

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターコマ

    サレ妻だった経験を生かし、探偵事務所カウンセラーとして活動。現在はInstagramやTwitterで、不倫のリアルな体験談や、不倫サレた人のために役立つ情報を発信するほか、浮気や夫婦関係の相談を受け付けている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    23 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶