「性的虐待と言われても仕方ない事案」先生の指摘に義母は顔を赤らめて… #義母はもう一度ママになりたいらしい 30

「義母はもう一度ママになりたいらしい」第30話。育児をするまでは、夫婦の不仲など一切自分とは関係ないと思っていたまいこさん。しかし、子どもを出産し、いざ育児が始まると、夫とのすれ違いや義母との関係に悩むことに……。なかでも、自分の考えを押し付けてくる義母にはうんざりしていました。

ある日、義母と息子の3人で出かけたときのこと。はると君のハーネスを義母が勝手に外してしまったことで、危うく車にひかれそうになってしまいました。この一件から「はるとは私が守らなきゃ」とまいこさんは強く決意。

そして、保育園の先生を交え、義母と夫と話し合いをおこなうことになったのですが、先生の質問に義母が猛反論!

 

しかし、先生は「お言葉ですが、私達は1年に50人以上の子ども達を見てます」と返します。

 

「私は40年やってるから、20000人くらいになるのかしら」

 

園長先生も加わり、これまでに見てきて子ども達の数を義母に伝えると、義母は先生達に何も言えなくなってしまったのでした。

 

「なぜお義母さまははると君にご自分のことをママと呼ばせるのですか?」

 

先生がそう質問をすると、「私のころは上流階級だけで、私もそう呼ばれてみたかったのよ」という答えが返ってきました。

 

「お義母さまははると君の母親なのですか?」

 

続けて先生が質問すると、義母は「それは違う」と答える義母。

 

さらに、先生は義母を追いつめる質問を続けていって……!?

 

先生の冷静で的確な指摘に義母の反応は…?

義母はもう一度ママに29

 

義母はもう一度ママに29

 

義母はもう一度ママに30

 

 

義母はもう一度ママに30

 

義母はもう一度ママに30

 

「しかもはると君にご自分のおっぱいを

含ませようとしたとか……」

 

「それは……私も久しぶりに

母親の気分を味わいたかったから……」

 

義母の回答に、先生からは厳しいひと言が飛び出します。

 

「正直性的虐待と言われても、仕方ない事案ですよ」

 

さらに園長先生が、

「はると君から聞いたときはとても驚きまして。

児童相談所に相談しようかと迷ったんで……」

 

「じっ、児童相談所!?」

 

突然予期していなかったワードが先生の口から出たため、

義母は驚いてしまったのでした。

 

 

義母の母親の気分を味わいたかったという気持ちも分からないでもないですが、実際の母親、まいこさんにとっては、義母の行動が迷惑かつ不快だったというのは事実です。孫が自分の子どものようにかわいいというのは分かりますが、行き過ぎた行動には気を付けたいですね。

作画:らみー

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターまいこ

    育児家事に協力的でないモラハラ気味の夫と、古い固定観念を崩さない義母に悩まされる子持ちの主婦。ワンオペ育児で慌ただしい毎日のなか、大切なわが子に対して、義母が急に母親ヅラしてきて……。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    52 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶