脱水や窒息の危険も!?赤ちゃんがいる家は「こたつ」に注意

2017/12/15 23:00
6
寒い冬には魅力的な「こたつ」。でも、赤ちゃんには危険なこともあるって知っていましたか?こたつの内部の温度は高いと60度を超えることもあり、気付かないうちに低温やけどや脱水を起こしてしまう危険があります。こたつでの寝かしつけや目を離したすきのもぐりこみなど、じゅうぶんに注意してください。ほかにも暖房器具は一歩間違えると事故につながる危険もあるので、赤ちゃんがケガをしないように安全に使用しましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
住まい
事故
生活習慣
安全対策

 

ぬくぬくと温かくて快適な「こたつ」。寒い冬は、一度は入ったら抜け出すのが大変ですよね。でも、赤ちゃんには危険なこともあるって知っていましたか?

 

こたつはなぜ危ない?

こたつの内部の温度は一般的に、低くても35度〜40度、高いと60度を超えるほど高くなります。大人でも、長時間入っていると低温やけどをする恐れがあるほど。

 

まだ肌がデリケートで体温調節もうまくできない赤ちゃんを、熱のこもったこたつに長時間寝かせるなどすると、気付かないうちに低温やけどや脱水症状を起こしてしまう危険もあるので、じゅうぶんに注意したいものです。

 

もぐりこむ事故にも注意して

ハイハイを始めた赤ちゃんにとっては部屋中が遊び場のようなもの。こたつがあれば、当然興味を示して入りたがります。親がちょっと目を離したすきに赤ちゃんがこたつの中にもぐりこんでしまい、発熱体の部分に触れてしまう、外に出られなくなって脱水症状を起こしてしまうという可能性もあります。

 

こたつから離れるときはこまめに電源を切るようにし、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。


気を付けたい暖房器具は?

同じようにホットカーペットも長時間寝かせると低温やけどの恐れがあるといわれています。また、ファンヒーターや石油ストーブは本体が熱くなって危険なので、まわりにベビーゲートなどを設置して、赤ちゃんがケガをしないように対策をしたいものですね。

 

 

赤ちゃんが生まれると暖房器具をどうすればいいか悩みますよね。大人にとっては「ちょうどいい暖かさ」でも、赤ちゃんにとっては「暑すぎる」ということも。暖房器具の温度にも気を付けながら安全に使用しましょう。(TEXT:妹尾香雪)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。