「オレのほうが大変!」え!?未婚のまま出産した妻に夫がまさかの言葉を言い放ち… #私がシタ側に? 18

「臨月に自分がシタ側だと判明いたしました」第18話。バツイチの彼との入籍を控えていたバタコさん。臨月のある日、彼がまだ離婚していなかったことが発覚! しかも、前の奥さんから1,500万円もの慰謝料を請求されていたのです……!

離婚問題が解決しないまま、ついに出産を迎えたバタコさん。小さなわが子を胸に抱き、つかの間の幸福感に浸っていました。そんな彼女を待っていたのは……?

夫の離婚問題に頭を抱えながらも、無事に出産を終えたバタコさん。「これから3人で頑張っていこう」と決心しますが……。

「お産より俺の骨折のほうが痛いと思う! 」呑気すぎる夫の存在

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました69

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました70

 

 

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました71

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました72

 

「いろいろ大変だけど、これから3人で頑張って乗り越えていこう」

 

そう胸に誓ったバタコさん。

 

そんなバタコさんをよそに、相変わらず呑気すぎる様子の夫。

出産を終えたばかりのバタコさんに対し「お産のとき笑いこらえるの必死だった」「オレだって仕事大変」「お産よりオレの骨折のほうが絶対痛いと思う」などと思いやりのない発言を連発……。

 

つらい思いをしてわが子を産んでくれた妻に対する発言とは思えませんね。呑気な性格とはいえ、一体どこまで他人事な夫なのでしょうか…?

 

しかし、いろいろと苦しい状況の中、バタコさんはそんな彼の姿に救われることもあったようです。

 

また、バタコさんは嫌なことがあっても「いいネタがあった!」として捉え、不幸のドツボにはまらないようにしていたのだそう。

確かに、この先に待っている離婚問題を解決して彼と幸せに暮らしていくためには、少し呑気なくらいの心構えでいたほうがいいかもしれませんね。

 

そして、バタコさんが退院したのち、出生届を出すため家族3人で市役所へ。

ようやく家族としての待ちに待った瞬間を迎えることができたバタコさん夫婦。

 

ここまでにいろいろあっただけに感慨もひとしおでしょうね。3人そろってのこの瞬間をしっかりと噛みしめてほしいです。

 

原案:バタコ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター水島みき

    漫画家。1989年「半熟レジスタンス」(『花とゆめFRESH』増刊7月1日号)でデビュー

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      えっ!?うーん、なんかカバオさん、色々と地雷な感じが凄いけど……?

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶