「いつもイライラしているモラハラ野郎!」優しい仮面を被っていた妻が豹変し、ついに… #私、逃げました 20

「私、逃げました」第20話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まります。チラシの話を詳しく進めようとしたところ、途中で義母が乱入。ユメさんに冷たい言葉を投げかけますが、そんな義母を一緒にいた男性スタッフ・コースケが撃退してくれました。彼のように言いたいことを言える人間になりたい!そう考えたユメさんですが……。

「言いたいことを言える人間になりたい!」そんな思いから、コースケとの特訓が始まります。その結果ユメさんは……

「自分の人生を生きる!」その覚悟で練習に励み……

私、逃げました_50-1

 

私、逃げました_50-2

 

私、逃げました_50_3

 

 

私、逃げました_50-4

 

私、逃げました_50-5

 

私、逃げました_50-6

 

 

私、逃げました_50-7

 

私、逃げました_50-8

 

私、逃げました_51-1

 

 

私、逃げました_51-2

 

私、逃げました_51-3

 

私、逃げました_51-4

 

 

私、逃げました_51-5

 

私、逃げました_51-6

 

私、逃げました_51-7

「みんなから好かれる、優しいユメちゃんでいたかった」そんな思いから、ユメさんは嫌われるのを恐れて無理していたことに気づきました。「自分の人生を生きる!」そう決めたユメさんに対し、コースケは練習することを提案します。「質問に1秒で答えて。考えるの禁止!」そこからスタートしたコースケの質問は、夫であるダイのこと、義母のこと、そしてコースケのことをどう思っているのかという内容……。「モラハラ野郎!」「時代錯誤マウントババア!」「カッコイイけど態度がデカい自由人!」優しい人を演じていたユメさんから、次々と過激な発言が飛び出します。

 

「ヒドイこと言っちゃった、けど合格だよね!?」少し戸惑った様子を見せたユメさん。しかし、十分に”言いたいことを言える人間”にはなれたみたいです。誰しも、言いたいことを言えずに我慢し続けていると、本来の自分すらわからなくなってしまいますよね。このままユメさんが自分らしさを取り戻して、モラハラ夫や義母にも言いたいことを言えるようになっていくといいのですが……。みなさんは、自分らしく生きるためにどんなことを心掛けていますか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    20 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事33696

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶