「…へ?」夫に認められたくて描いたイラストを見た男性が、驚愕なひと言を言い放ち… #私、逃げました 22

「私、逃げました」第22話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まります。

チラシを書くことで、自分の存在価値を見出し始めていたユメさん。「少しでもお店や夫、義母の役に立ちたい」そんな思いからユメさんが描いていたチラシ。それをじっと眺めていたコースケですが……。

コースケは自分の似顔絵を描いてほしいと頼みます。できあがった似顔絵の仕上がりに衝撃を受けた彼は、ユメさんにあるお願いを申し出たのでした……。

「オレのことも描ける?」驚きの仕上がりにコースケは思わず…!

私、逃げました_52-8

 

私、逃げました_53-1

 

私、逃げました_53_2

 

 

私、逃げました_53-3

 

私、逃げました_53-4

 

私、逃げました_53-5

 

 

私、逃げました_53-6

 

私、逃げました_53-7

 

私、逃げました_53-8

 

 

私、逃げました_54-1

 

私、逃げました_54-2

 

私、逃げました_54-3

 

 

私、逃げました_54-4

 

私、逃げました_54-5

 

私、逃げました_54-6

 

 

私、逃げました_54-7

 

私、逃げました_54-8

 

私、逃げました_55-1

 

 

私、逃げました_55-2

チラシの取材でユメさんの話を聞いていたコースケ。「少しでもお店の役に立ちたい」ユメさんのそんな思いから書かれていたチラシに興味をもった彼は、自分の似顔絵を描いほしいと頼みました。「ちょっと時間かかるよ」そう言って真剣に書きはじめたユメの姿に見とれるコースケ…。「できたー!!」ユメが書き上げた似顔絵は、驚くほどコースケ本人とそっくりだったのです!「この絵、もらっていい?」あまりの仕上がりに、コースケは思わず似顔絵をもらえないか頼んだのでした。

 

彼が喜ぶ姿に、嬉しそうな表情を見せるユメさん。自分が描いた絵を喜び、もらってくれたことがとても嬉しかったのです。「チラシじゃなくて、もっと似顔絵描いたら?」ユメさんの楽しそうな姿から、コースケはユメさんにそうアドバイスします。思ってもみなかった提案に驚くユメさん。「自分らしく生きたい」そう思っていたユメさんには、ぴったりの方法かもしれません。これをきっかけに、夫や義母に気を遣いすぎることなく、自分らしさを取り戻せるといいのですが…。みなさんは、「自分らしく生きたい」そう思って何か行動したことはありますか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    24 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事34576

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶