ゾゾッ「「一生使うものだから…」義母が息子の名前を嬉しそうに考案…。夫が決めたのは… #害悪!過干渉義母 19

「害悪!過干渉義母」第19話。5年間の妊活を経て、やっと妊娠したミカさん。初めての妊娠中、アポなしで突如訪れる義母の対応に悩まされるようになります。そしてついに、無事第一子を出産することができました。

息子が産まれ、喜びに浸るミカさん夫婦。そしていよいよ子どもの名前を決めることに。義母からの提案もありましたがきっぱりと断ることに。

 

しかし、苗字とのバランスやお互いの好きな漢字など、なかなか決めきれません。親が子どもに初めて与えてあげられる贈り物。それが名前。ミカさん夫婦もあれこれと悩み…。

息子が一生使う名前だから、しっかり考えたい…!

害悪!過干渉義母99

 

害悪!過干渉義母100

 

害悪!過干渉義母101

 

 

 

害悪!過干渉義母102

 

害悪!過干渉義母103

赤ちゃんの名前候補を提示してきた義母にはっきりと断りを入れたミカさん。息子が大きくなって、名前の話をするたびに「あなたの名前は、ばぁばがつけたのよ~」と言われる未来を想像しただけでゾッとしますね…。

 

事前に名前の候補を絞っていたミカさん夫婦。候補の中から息子の名前を考えますが、お互いの好きな漢字や苗字とのバランスなど、悩むポイントが多く決めきれません。しばらくして、ミカさんが「この名前なら、漢字も苗字とのバランスも最高じゃない?」と夫に提案します。それは一番最初に決めた候補でもあり、夫も笑顔で承諾します。

 

真っ直ぐ誠実に育ってほしいという願いを込めた「慎之介」。ミカさんは義母の意見に左右されることなく、無事に大切な息子の名前を決めることができました。2人が願いを込めて付けた名前。子どもが大きくなったら「こんな思いでつけたんだよ」と話せる日が楽しみでしょうね。それまでたくさんの愛情を込めて名前を呼んであげてほしいです。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶