「全然めでたくない。本当は若いママになりたかった」誕生日に思わず本音が漏れて… #不倫夫にサヨナラ~夫の苦悩編~ 6

「不倫夫にサヨナラ~夫の苦悩編~」第6話。後輩に勧められた婚活イベントに参加し、そこでで出会ったマサヤとミキ。2人は連絡先を交換すると、何度かデートを重ねた後、すぐに交際に発展。そして、ミキが「20代のうちに子どもがほしい」と言っていたことから、交際数カ月で籍を入れることになったのでした。

そして、早速ミキの母親に挨拶をするため、家を訪ねる2人。

 

報告を済ませると、ミキのお母さんは大喜び!

 

「私も離婚して独り身じゃない?早く孫の顔が見せてほしいわ」とうれしそうに話すのでした。

 

しかし、現実は厳しいものでした。

 

2人の間になかなか子どもができず、月日だけ流れる日々になっていたのです……。

 

結婚から月日が経過。気付いたらミキは30歳になっていて…

マサヤ過去編〜妊活の苦悩〜 #5

マサヤ過去編〜妊活の苦悩〜 #6

 

マサヤ過去編〜妊活の苦悩〜 #6

 

 

マサヤ過去編〜妊活の苦悩〜 #6

 

ミキの30歳の誕生日。

 

「誕生日おめでとう」と笑顔で祝福するマサヤに対して、

ミキは浮かない顔をしていました。

 

「ありがとう。でも……全然めでたくないよ」

 

そういうと、ミキはその理由を話し出したのです。

 

「本当は若いママになりたかったんだけどな……」

 

しかし、ミキの言葉に対して

マサヤは黙り込んでしまい、どんよりとした空気に……。

 

ミキは慌ててマサヤにごめんと謝ると、

「1回婦人科で診てもらおうかな」と付け加えたのでした。

 

 

今回のやり取りで2人の間に温度差のようなものを感じてしまいましたが、皆さんはどう思いましたか? 本当は今すぐにでも子どもがほしいのに、ただ時間だけが過ぎ、30歳という年齢になったことが、ミキ自身の焦りつながったのではないでしょうか。ただ、一瞬マサヤに対して本音を漏らしたものの、気を遣って瞬時に明るく振る舞いを変えた姿がなんだか切なく思えてしまいました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマリコ@サレ妻

    1児の母。ワンオペ育児にパートに追われる日々の中、旦那に不倫されました。そんな旦那を地獄に落とすまでの日々を綴っています!「バイバイ!クソ旦那」作:マリコ、作画:Sumi(@sumi_misaki)

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    25 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶