「あり得ない」義母がアポなしで来訪!寝ている赤ちゃんの前でとった驚愕の行動に呆然… #害悪!過干渉義母 21

「害悪!過干渉義母」第21話。5年間の妊活の末にやっと妊娠したミカさん。ほとんど毎日訪れる義母に悩まされた妊婦生活でしたが、無事に元気な男の子を出産しました。

無事出産を終え、息子とともに自宅に帰ってきたミカさん。息子が産まれてからというもの、ミカさん夫婦は息子の可愛さに癒やされる日々を送っていました。そして息子が産まれたことをきっかけに、夫は育児や家事を積極的に手伝うようになります。

息子が産まれてから、仕事から早く帰ってくるようになった夫。ミカさんは今までとは見違えるほどの夫の変化に、夫への不満もいつしか感じなくなっていました。

息子が産まれて変わった夫。変わらないのは……

害悪!過干渉義母111

 

害悪!過干渉義母112

 

害悪!過干渉義母113

 

 

 

害悪!過干渉義母114

 

害悪!過干渉義母115

 

害悪!過干渉義母116

 

 

 

害悪!過干渉義母117

 

害悪!過干渉義母118

 

夫は息子が産まれてから、仕事が終わったら飲みに行かず、早く帰ってくるようになりました。

 

さらに、夫は早く帰ってくるだけではなく、日々の育児や家事にも協力的になりました。進んで赤ちゃんの着替えをしたり、風呂掃除や買い出しをしたり、ミカさんを気遣って行動することが増えたのです。

 

そんな夫の姿にミカさんの頭からは出産前によぎっていた「離婚」という文字はキレイさっぱりなくなっていました。

 

しかし、息子が産まれてからも変わらないのが義母の訪問でした。

 

事前に連絡もなくやってくる義母に出産前から悩まされていたミカさん。

この日も赤ちゃんがお昼寝しているときにやってきて大きな声で話し続けます。

 

日々の育児疲れで寝れていないミカさんは、思い切って義母に「私も休みたいんです」と伝えます。

しかし義母は「ごめんなさいね」と謝っただけで、そのまま居座りしゃべり続けるのでした。

 

時代は違えど、きっと義母も産後はしんどい時期を過ごしてきたのではないかと思います。同じ母親だからこそ理解してあげられる気持ちもきっとあるのではないでしょうか。

 

その経験があるのならば、少しはミカさんの体を労わることも考えてほしいですね。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶