「バレた…」彼に騙され入籍しないまま出産したことが、母親に知られてしまい... #私がシタ側に? 21

「臨月に自分がシタ側だと判明いたしました」第21話。バツイチの彼との入籍を控えていたバタコさん。臨月のある日、彼がまだ離婚していなかったことが発覚!しかも、前の奥さんから1,500万円もの慰謝料を請求されていたのです…!

夫の多額の慰謝料や離婚問題が解決しないままではあるものの、無事出産を終えることができたバタコさん。ある日、彼が出張の2週間の出張に出ることに。不安なバタコさんは実家の母親を自宅に招きます。

彼が出張に出ている間、家の中は自分と幼いわが子だけ……。不安になったバタコさんは実家の母親を家に招きます。

「心配かけたくない」母親には何も伝えていなかったバタコさんですが…

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました81

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました82

 

 

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました83

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました84

 

臨月に自分がシタ側だと判明いたしました85

 

カバオの出張期間中、母親に自宅へ来てもらったバタコさん。

 

「心配をかけたくない…」

 

そんな思いから、バタコさんは彼がまだほかの人と婚姻関係にあることや入籍できていない事実を母親に伝えていませんでした。

 

そんなとき、新生児訪問指導のため市の保健師さんが来訪します。

 

「ヤナセ……カバオさんとはこのあと入籍予定ですか?」

書類に目を通していた保健師さんは、ふいにバタコさんが明かしていない事実を口にしてしまったのです……! 

 

思わぬ形で入籍していないことが母親に伝わってしまったバタコさん。

母親は特に何も言いませんが、一体どんな心境だったのでしょうか……?

 

いずれにしても、事実が伝わってしまった以上、バタコさんも事情を詳しく説明しなければならなくなりました。

あまり前向きな報告ではないので気は進まないと思いますが、バタコさんには母親を信頼して正直に話してみてほしいですね。

 

原案:バタコ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター水島みき

    漫画家。1989年「半熟レジスタンス」(『花とゆめFRESH』増刊7月1日号)でデビュー

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶