「次のデートも超楽しみにしてるからね」夫に近づく怪しい女性との関係は一体…? #私、逃げました 25

「私、逃げました」第25話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、八百屋にテレビ取材に来た男性スタッフによって、自分の人生を生きようと決意。ユメさんは活路を見出しはじめます。

一方、夫のダイさんは野菜の卸先であるフクフク料亭の取材を受けていて…。

取材中にフクフク料亭の女将・フク美が夫・ダイさんに近づき耳打ちします。「本当はフク美に、会わせたくなかったんでしょ?」背後に手をまわし、ぎゅっとダイさんの手を握り…。

「次のデートも超楽しみにしてるから……」フク美とダイの関係は? 

私、逃げました_58-5

 

私、逃げました_58-6

 

私、逃げました_58_7

 

 

 

私、逃げました_58-8

 

私、逃げました_59-1

 

私、逃げました_59-2

 

 

 

私、逃げました_59-3

 

私、逃げました_59-4

 

私、逃げました_59-5

 

 

 

私、逃げました_59-6

 

私、逃げました_59-7

 

私、逃げました_59-8

 

 

 

私、逃げました_60-1

 

私、逃げました_60-2

 

私、逃げました_60-3

 

 

 

私、逃げました_60-4

 

私、逃げました_60-5

 

「次のデートも超楽しみにしてるからね」

ダイにそう耳打ちしてきたのは、フクフク料亭の若女将・フク美。

 

2人の出会いは、ダイが取引先としてフクフク料亭に目をつけて商談していた日のことでした。

2回の商談を経ても交渉成立しない状況に不安な様子を見せていたダイ。

 

そんな彼に、フク美が優しく声をかけます。

「フク美、ダイさんのお野菜もダイさんのことも、だーいスキになっちゃってますから」

ダイは思わず頬を赤らめたのでした……。

 

既婚者であることを知ってか知らずか、フク美はダイに積極的にアピールし始めます。ダイは既婚者である以上、当然妻がいることをはっきりと告げて、誠意ある姿を見せるべきですよね。

 

しかし、アピールしてきたフク美自身も当然既婚者。ダイにアピールしてきたのは何か理由があったのでしょうか……?いずれにしても、自分のパートナーを裏切るような行動は止めてほしいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    24 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶