「ふざけるな! 」夢を叶えようとする妻の行動が夫の逆鱗にふれてしまいまさかの…!? #私、逃げました 27

「私、逃げました」第27話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。

あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まります。ユメさんに好意をもった男性スタッフ・コースケは、彼女の「似顔絵を描きたい」という願いをかなえようと試行錯誤。ユメさんも自分の人生を生きるため、夫であるダイを説得しようとしますが……。

「自分の人生を生きるため、似顔絵を描く! 」そう決めたユメさんだったのですが……。

「ふざけんのもたいがいにしろよ! 」激怒する夫……! 

私、逃げました_62-1

 

私、逃げました_62-2

 

私、逃げました_62_3

 

 

 

私、逃げました_62-4

 

私、逃げました_62-5

 

私、逃げました_62-6

 

 

 

私、逃げました_62-7

 

私、逃げました_62-8

 

私、逃げました_63-1

 

 

 

私、逃げました_63-2

 

私、逃げました_63-3

 

私、逃げました_63-4

 

 

 

私、逃げました_63-5

 

私、逃げました_63-6

 

私、逃げました_63-7

 

 

 

私、逃げました_63-8

 

「やるしかねぇな!!」

ユメさんのために頑張ると決めたコースケは、「チラシ×似顔絵」の企画書を徹夜で制作します。

 

ユメさんも「今日から似顔絵を描く!」と心に決め、八百屋の店先に看板を出しました。

 

ユメさんに度々暴言を吐くダイは、ユメさんの行動に対して案の定怒りをあらわにします。しかし、怒られることを想定していたユメさんは、コースケに教えられた通り、怒鳴り続けるダイに負けじと説得しはじめます。

 

「取材が決まればお店の宣伝になるから、お願いっ」

 

それでも納得のいかないダイはユメさんの似顔絵を認めようとしません。

そこに「おもしろそう♡」そう言ってやってきたのは、なんとダイと怪しげな関係があるフクフク料亭の若女将・フク美。

 

あえてダイが1人のときではなく、夫婦2人でいるところに割って入ってきたフク美。

ただものではない雰囲気がありますね……。

 

ダイもフク美の登場は想定していなかったようで驚きを隠せない様子。

一体、フク美は何を企んでいるのでしょうか……? 

フク美がダイに好意を抱いているということは、奥さんであるユメさんには友好的な気持ちはないように思えますが……。

 

なんにせよ、ユメさんの「似顔絵を描く」という目標の邪魔だけはしないでいてほしいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    21 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶