「え、過保護なの…?」預けている間に息子がけがを。義母に聞くと驚愕の言動を… #害悪!過干渉義母 27

「害悪!過干渉義母」第27話。5年間の妊活を経て、やっと妊娠したミカさん。そしてついに、無事第一子を出産することができました!アポなしで訪問してくる義母に悩まされながらも、夫が仲裁に入ってくれることでミカさんのストレスは減っていきます。

ミカさんは育休の延長申請手続きで会社へ行くために義母に息子を預けますが、帰ってくると息子は大泣き……。息子を落ち着かせるためにミカさんがすぐ家に連れて帰ると、なんと息子の頭に大きなタンコブが……!? それだけでなく腕を痛がる息子。義母と過ごした時間、息子の身に一体何が起きたのでしょうか…。

ミカさんは預けていた間の息子の様子を尋ねるため、義母に電話をかけます。しかし義母の反応は……?

過保護!?義母のあまりの言い分に耐え切れなくなり…

害悪!過干渉義母149

 

害悪!過干渉義母150

 

害悪!過干渉義母151

 

 

 

害悪!過干渉義母152

 

害悪!過干渉義母153

 

害悪!過干渉義母154

 

 

 

害悪!過干渉義母155

※肘内障…子どもが手を引っ張られたあとなどに、肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こる。多くは、5歳以下の子どもにみられる。

 

息子のタンコブについて、義母に「何か知りませんか?」と電話したミカさん。

すると義母は思い出したかのように「あぁ、ローテーブルで頭をぶつけたのよ。タンコブになってた?」と何ともない態度で話します。

 

これにはミカさんも「ちゃんと見ていてもらわないと困ります!せめてそういうことが起きたら報告してもらわないと!」と強く抗議します。

息子を預かってもらっている身だとしても、子どものけがを軽視されることは嫌ですよね。

 

しかし次に義母の口から出たのは謝罪ではありませんでした。

ミカさんの心配をよそに「タンコブくらい気にしすぎよ」という義母。

 

けがさせたことを謝罪するどころか、義母は「子どもはけがして大きくなっていくのよ」と自分の思う育児理論をミカさんに話し始めました。

 

呆れたミカさんは息子が腕を痛がっていることに対し、何か心当たりはないかも義母に確認します。

これについては義母も心当たりはないとのこと。

逆に、「過保護すぎるのはよくない」とミカさんに言い放ちます。

 

ミカさんは「息子を心配するのは過保護なのかな…」と、義母の言葉を受け悩みます。

しかし、いつもとは違う息子の泣き方に違和感を感じ、「過保護だとしても放っておけない!」と病院へ向かうミカさん。

 

そこで息子はなんと肘内障(ちゅうないしょう)と診断されてしまいます。

ミカさんが息子に感じた違和感は間違っていませんでした。

 

早めに病院を受診して原因がわかったのは良かったかもしれませんが、過保護だと言い張る義母を信じ、そのままにしていたら一体どうなってしまったのでしょうか……。考えるだけでもゾっとしてしまいますね。

 

心配するミカさんに対して聞く耳を持たない義母。今の孫の状態が分かっても、同じことを言えるのでしょうか。

 

孫が大切、かわいいと思ってくれるのであれば、孫だけでなく母親であるミカさんの気持ちにも寄り添ってあげてほしいですね。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶