「預けなきゃよかった…」義母を息子を預けたらケガを!すると義母が無責任な言動を… #害悪!過干渉義母 28

「害悪!過干渉義母」第28話。5年間の妊活を経て、やっと妊娠したミカさん。そしてついに、無事第一子を出産することができました! アポなしで訪問してくる義母に悩まされながらも、夫が仲裁に入ってくれることで次第にミカさんのストレスも減っていきました。


ある日育休延長の手続きで会社へ行かなければならなくなったため、義母に息子を預けたミカさん。ところが、会社から帰ってくると泣きじゃくる息子の姿が……。息子の様子をよく見てみると、なんと頭にタンコブが!? しかし、義母に状況を聞いても「気にしすぎ」と言うだけで、謝罪の言葉さえもありませんでした。

「過保護すぎる」とミカさんを一蹴し、取り付く島もない義母。しかしミカさんは「過保護だとしても、このまま放っておけない! 」と家を飛び出します。

もしこのまま放っておいたら息子はどうなっていたの……

害悪!過干渉義母155

※肘内障…子どもが手を引っ張られたあとなどに、肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こる。多くは、5歳以下の子どもにみられる。

 

害悪!過干渉義母156

 

害悪!過干渉義母157

 

 

 

害悪!過干渉義母158

 

害悪!過干渉義母159

 

害悪!過干渉義母160

 

 

 

害悪!過干渉義母161

 

害悪!過干渉義母162

 

害悪!過干渉義母163

 

病院に息子を連れて行くと「肘内障(ちゅうないしょう)」と診断されたミカさん。

 

腕が抜けた状況で、簡単にいえば脱臼だと医師から説明を受けます。

ミカさんは「見た目がなんともなかったので、病院を受診するのは大げさかと思ったんですが……。」と医師に不安だった気持ちを吐露。

 

すると医師は「戸惑う親御さんも多いですが、放置してさらに悪くなるケースもあるので、早めに受診してくださってよかったです。」とミカさんに伝えるのでした。

 

義母から「過保護過ぎるのはよくない」と言われたミカさんでしたが、病院を受診したのは大正解でしたね! 

 

家に帰ったミカさんは肘内障についてスマホで調べていました。そこには「深刻なけがではないが、激しい痛みが伴うため子どもは泣いて訴える」と書かれています。

それを読んだミカさんは、息子のつらさを思って思わず涙を流してしまいます。

 

そして、終始無責任な対応しかしてくれなかった義母に息子を預けたことを深く後悔しました。

 

仕事から帰宅し泣いているミカさんに気づいた夫は、すぐにミカさんに何があったのか聞きます。ミカさんは義母に預けている間に息子がけがしたことを夫に伝えました。

 

そして病院を受診したことや、息子がけがしたことに対してまったく気にしていない様子の義母のことを話すのでした。ミカさんから話しを聞いた夫は、一体どう思ったのでしょう……? 

 

義母の考えは子どもは多少のことは目をつぶるという育児方針なのかもしれませんが、異変には気づいて欲しいですね。
 
義母は自分が子育ての経験があったからミカさんのことを「気にしすぎ」と発言したのかもしれませんが、自分の価値観を押し付けるのは違いますよね。義母にはそのあたりもきちんと考え直してほしいものです。
 
このようなことが今後起こらないように義母にもきちんと伝えて理解して欲しいですね。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶