「いるだけで迷惑なんだ!」客にまさかの差別発言を連発する社長 #ヤバイ職場を辞めた話 12

「ヤバイ職場を辞めた話」第12話。2児の母であり、インスタやブログでエッセイマンガを連載しているゆっぺさんの、ヤバイ職場を辞めるまでの体験をマンガ化! 昔の職場の上司・Pさんからパートで働かないかと誘われ、接客スタッフとして働くことになったゆっぺさん。人を差別し、理不尽に怒る社長にゆっぺさんはへきえきしていました。ある日、またお客さまとの間にとんでもないことが起こり……。

理不尽な言動をする社長と、しばしば口論になることもあったゆっぺさん。すると、社長はさらにめちゃくちゃなことをいうのがいつものパターンでした。

 

車椅子に乗った子どもとお母さんが来店したときも、社長はすごい形相で親子をにらみつけながら、ゆっぺさんに「なんであんな障がい児を店に入れたんだ?」と言いだしたのです。

 

さらに、「他のお客さまに迷惑だろう。出てってもらえ!」と、わざと聞こえるように大きな声で言う社長。うつむいて顔を真っ赤にしてるお母さんを見て、ゆっぺさんの怒りに火が……。

 

社長が客に差別発言!?

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

ヤバイ職場を辞めた話 12

 

こんにちはゆっぺです。

 

とりあえず社長を厨房に追いやり、会話が親子に聞こえないようにした後で、「今の態度はものすごく失礼だと思います!」と社長に反論。「障がい者お断りならホームページに記載するとか、店に張り紙するとかするべきです」と意見しました。

 

すると「そんなこと、いちいち言わなくてもわかるだろう! あーゆー人間はいるだけで迷惑なんだ!」と言い、今度は「断らなかったゆっぺさんが悪い」と私を責めてきた社長。

 

価値観は人それぞれ。何が正しいかもその人によって違うのだから、無視するのが一番とわかっているけれど……。

 

 

差別発言と感じても、面と向かって意見するのはなかなかできないもの。特に相手が自分より立場が上の場合はなおさらです。それをしたゆっぺさんは勇気がありますね。相手が誰であっても、理不尽なことを言われたらちゃんと怒り、意見することも大切ですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆっぺ

    ライブドアブログ公式ブロガー。インスタやブログでエッセイ漫画連載中。自身の体験談やフォロワー様から寄せられたエピソードをスズメのキャラで漫画にしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶