卒乳後のペチャパイにゲンナリ。もう元には戻らないの?

2017/12/15 20:00
24
卒乳後におっぱいがしぼんだ感じがするという人は多いです。先輩ママたちの衝撃のコメントと、少しでも卒乳後のおっぱいを元に戻す方法を教えます。まずは授乳しやすいからと使っていたカップ付きキャミソールは使用しないようにしましょう。また、体型は妊娠前と変化していることが多いので、新しいブラジャーを購入しましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
産後の悩み
授乳
卒乳・断乳

 

妊娠中から産後、おっぱいは人生でいちばんと言っていいくらいサイズアップします。ですが卒乳すると、その役目を終えたかのようにしぼんでいくおっぱい。今日はそんな卒乳後のペチャパイに悩むママたちに向けてお話しします。

 

卒乳後におっぱいがしぼむ

少し前はおっぱいが張ってしまったり、カチカチおっぱいに悩んでいたのに、卒乳してしばらくするとやる気のない、なんとも残念なおっぱいになってしまったというママも多いのではないでしょうか。しかも、妊娠前よりもふにゃふにゃにしぼんでしまったという人もいます。

 

そんな話を先輩ママから聞いた人は、「今から卒乳後におっぱいしぼむのこわい」「もともと貧乳なのに、前よりしぼむってどういうこと!?」「卒乳したら太るらしいけど、さらにおっぱいがしぼむのとかありえない」など、かなり卒乳後のおっぱいに興味があるようです。

 

カップ付きタンクトップは卒業

授乳中はおっぱいをあげるのがラクだからとカップ付きのタンクトップや、ゆったりとしたブラをつけていた人も多いのではないでしょうか。でも、卒乳をしたらおっぱいを野放しにしておくことも卒業しましょう。

 

ただし、きつめのワイヤーブラをすればいいというものではありません。妊娠前と体型が変わっているはずなので、1つか2つでもいいので、今の体にフィットしたブラジャーを買いましょう。もちろん買うときには、きちんとサイズを測ってもらって新調してくださいね。

 

元には戻らないって本当?

完全には妊娠前のおっぱいには戻らないかもしれませんが、体にあった下着をつけて、おっぱい体操などを心がけていれば、じょじょに回復していきます。今まで流れてしまっていた余分なお肉も、しっかり位置を覚えさせることのできるインナー選びが大切ですね。

 

 

実際はおっぱいが元に戻った!と思った瞬間に、2人目の妊娠・出産にバッティングするという人も多いです。ママが自分のためだけにおっぱいの形をキープできるときは、少し先になるのかもしれませんね。(TEXT:サトウヨシコ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
24

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。