「何考えてるんだ…?」浮気している夫が豹変!すると妻に好意を寄せる男性がまさかの… #私、逃げました 32

「私、逃げました」第32話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まります。そして、男性スタッフ・コースケと話すうち、ユメさん絵を描きたい」という気持ちが芽生えました。

八百屋の店先で似顔絵描きを始めることにしたユメさん。似顔絵をスタートした日の売り上げは大盛況!ユメさんは、すぐに応援してくれているコースケに結果を報告しました。好意をもっているユメさんからのうれしい報告に、コースケは大喜び!翌日、早速詳しい話を聞きに再びユメさんのもとへ向かったのでした……。

コースケがユメさんの八百屋へ向かうと、夫のダイとユメさんがそろって出迎えてくれました。しかし、そこでコースケはある違和感に気付きます。

「あれ…? 」モラハラ夫の変化に不信感を抱くコースケ

私、逃げました_72-1

 

私、逃げました_72-2

 

私、逃げました_72_3

 

 

 

私、逃げました_72-4

 

私、逃げました_72-5

 

私、逃げました_72-6

 

 

 

私、逃げました_72-7

 

私、逃げました_72-8

 

私、逃げました_73-1

 

 

 

私、逃げました_73-2

 

私、逃げました_73-3

 

私、逃げました_73-4

 

 

 

私、逃げました_73-5

 

私、逃げました_73-6

 

私、逃げました_73-7

 

 

 

私、逃げました_73-8

 

「おはよーございます」

コースケは大盛況となった似顔絵の詳しい話を聞きに、早速ユメさんのもとへ向かいました。

 

ユメさんの働く八百屋に到着したコースケは、いつもユメさんに厳しく当たっている夫・ダイの様子に変化が起きていることに気付きます。

 

「ダイさん優しくなってね?」

そうユメさんに尋ねながら不信感を抱いていたコースケでしたが、はっきりとした確証もなかったのでその場はそのまま気持ちを飲み込むことに。

 

モラハラ気味だった夫・ダイが急にやさしくなった理由……。

ユメさんの話ではダイの様子が変わったのは似顔絵を始めた昨日からだと言いますが、一体どんなきっかけがあったのでしょうか。

 

一方、ユメさんは、似顔絵制作を後押ししてくれたコースケに感謝の気持ちを伝えます。

 

「私コースケに出会えて良かった!!」

満面の笑みで話すユメさんに、思わず頬を赤らめたコースケ。

 

「こっからが大事だからな」

ユメさんへの思いは募る一方ですが、はやる気持ちを抑えて更なるアドバイスをし始めたのでした……。

 

ユメさんの家庭の事情を知ったうえで、親身に協力してくれているコースケ。

コースケという心強い味方がいるだけで、ユメさんの夢もどんどん叶えていけそうな気がしますね。

 

この先も2人でうまく協力しながら、着実にユメさんの夢へ近づいていってほしいです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶