「好きだから… 」え!?夫が浮気中、仕事で出会った男性が妻に近寄って… #私、逃げました 33

「私、逃げました」第33話。田舎の八百屋に嫁いだユメさんは、夫・ダイと義母の言動にずっと我慢していたけれど、自分の人生を生きようと決意。あるとき、ユメさんの書いたチラシがテレビ局のスタッフの目に留まります。そして、男性スタッフ・コースケと話すうち、ユメさん絵を描きたい」という気持ちが芽生えました。

八百屋の店先で似顔絵描きを始めることにしたユメさん。夫の浮気相手であるフクフク料亭の女将・フク美が訪れるというハプニングもありましたが、似顔絵をスタートさせた初日の売り上げは大盛況!ユメさんは早速コースケに結果を報告し、自分のやりたいことを応援してくれた彼に感謝の気持ちを伝えました。

モラハラ夫・ダイの微妙な態度の変化が気になりつつも、似顔絵をスタートした日の結果を詳しく聞くコースケ。どうやらコースケには今後のユメさんの似顔絵に展望があるようで……。

「仕事忙しいの?」心配するユメさんにコースケは…

私、逃げました_74-1

 

私、逃げました_74-2

 

私、逃げました_74_3

 

 

 

私、逃げました_74-4

 

私、逃げました_74-5

 

私、逃げました_74-6

 

 

 

私、逃げました_74-7

 

私、逃げました_74-8

 

私、逃げました_75-1

 

 

 

私、逃げました_75-2

 

私、逃げました_75-3

 

私、逃げました_75-4

 

 

 

私、逃げました_75-5

 

私、逃げました_75-6

 

「500円ってなんだよ! 安すぎだろ! 」

初日を振り返り、ユメさんの設定した似顔絵の価格に納得していない様子のコースケ。

 

しかし、一旦はユメさんの気持ちを汲んで様子を見ることにしました。

そしてコースケの考える今後のユメさんの戦略を真剣に話し始めます。

 

「まずはSNSを始めてもらう! 」

似顔絵制作を軌道に乗せるまでの作戦を真剣に考えてくれるコースケに、ユメさんは「どうしてこんなに協力してくれるの?」と尋ねました。

 

「好きだから! 仕事が……」

ユメさんへの思いをグッと胸に秘めて、引き続きユメさんの夢を全面的にバックアップすることを宣言するコースケでした。

 

ユメさんの似顔絵制作を心から応援しているコースケ。

自分のやりたいことをこれだけ全力でバックアップしてくれる人がいると心強いですよね。

 

しばらくはフクフク料亭の特集が続くことを予想するコースケですが、それが終わればユメさんの番になると、見えないところでも着実に動いてくれているよう。ユメさんのターンになるまで、ぜひSNS運用が軌道に乗ることを願います! 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイルカ

    息子・ウミ君のママで、ブログにて育児マンガや体験談マンガを連載中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    21 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶