「勘違いしないでくださいね!」社長の差別発言に、もう我慢も限界! #ヤバイ職場を辞めた話 13

「ヤバイ職場を辞めた話」第13話。2児の母であり、インスタやブログでエッセイマンガを連載しているゆっぺさんの、ヤバイ職場を辞めるまでの体験をマンガ化! 昔の職場の上司・Pさんからパートで働かないかと誘われ、接客スタッフとして働くことになったゆっぺさん。お店に来た車椅子の親子に差別発言を連発した社長に、激しく反論しました。すると社長はさらにエスカレートし……。

車椅子の親子に聞こえよがしに差別発言をする社長に、「今の態度はものすごく失礼だと思います!」と怒ったゆっぺさん。「障がい者お断りならホームページに記載するとか、店に張り紙するとかするべきです」と意見しました。

 

すると「そんなこと、いちいち言わなくてもわかるだろう! あーゆー人間はいるだけで迷惑なんだ!」と暴言を重ねる社長。さらには「関わるやつはバカだと思ってる!」とまで言いだし、ゆっぺさんの我慢ももう限界に……。

 

暴言を重ねる社長に我慢ももう限界に…

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

ヤバイ職場を辞めた話 13

 

こんにちはゆっぺです。

 

思わず「じゃー社長は私のことバカにしてるんですね」と言い返してしまった、大人になれない私。

 

「別に価値観は人それぞれですし、受け入れられないなら仕方ないと思います」と一応認めつつも、「私は、人を見下したりバカにして優越感を手に入れる人間のほうがよっぽどバカだと思ってるんで!(=つまりバカは社長だ)」と言ってしまいました。

 

さらに、「後でお店の入り口に障がい者お断り!って張り紙しときますね」と意地悪も……。

 

社長に向かって生意気!って思うかもしれませんが、お店を良くしたい、ただその一心でした。普段は穏やかなんですよ私。

 

 

優越感は客観的に見て実際に劣っている、優れているということではなく、本人が主観的にそう感じることで生じるものなのだとか。社長の言動を見ると、それがよくわかりますね。一歩間違えると差別やマウンティングにつながってしまう優越感。取り扱いには注意が必要ですね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆっぺ

    ライブドアブログ公式ブロガー。インスタやブログでエッセイ漫画連載中。自身の体験談やフォロワー様から寄せられたエピソードをスズメのキャラで漫画にしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶