子ども同士のトラブル!大人がすぐ止める必要ってある?

2016/12/28 21:00
時と場合によりますが、子ども同士のトラブルは「出来る限り見守る」ということです。親としてはトラブルを回避したいので、すぐ止めてしまいがち。しかし実際にはその場がうまく収まることより、子どもが自己主張できる場の方が大切なんだとか。子どもへのフォローも心がけるようにしています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。2歳ごろになるとお友だち同士で遊ぶことも増えてきますよね。同時にお友だちとのトラブルに悩まされることも。

 

子ども同士のトラブルが発生した場合、どう対応していますか?今回は、子育て講演会で学んだことを通じて、子ども同士のトラブル回避方法をご紹介します。

 

子ども同士のトラブルはできる限り見守る

 

子育て講演会で学んだことがあります。それはときと場合によりますが、トラブルを回避したいので、すぐ止めてしまいがちな子ども同士のトラブルは「できる限り見守る」ということです。

 

しかし、実際にはその場がうまく収まることより、子どもが自己主張できる場の方が大切なんだとか。言われてみると確かにそうだと感じています。相手が「悲しそう、痛そう」と思えて初めて、思いやりある言動が生まれますからね。

 

大切なのはフォローしながら見守ること

 

トラブルを見守るだけでなく、子どもへのフォローも心がけるようにしています。おもちゃの取り合いになったとき「おもちゃをひとりで全部取っちゃうより、みんなで遊ばない?」とアイデアを提案することも。

 

今までだと「お友だちに貸してあげたら?」とわが子の気持ちを抑えつけてきました。これでは自己主張の場が持てず、モヤモヤした気持ちが消えないままであることに気付いたんです。


相手側のフォローも忘れない

 

児童館で遊んでいたとときのこと。すべり台をなかなか降りないわが子に対し、顔見知りのママが「はやく!はやく降りてよ!うちの子が滑れないじゃない!」とすごい剣幕で言っていました。目の前に私がいるのに……と嫌な気分でした。

 

気持ちは分かるのですが、言い方がありますよね。そこで思ったのが、相手側の気持ちも考えるべきだということ。子どもに対して言うことは、親にも気持ちが伝わるので気を付けたいです。

 

 

子ども同士のトラブルを見守るのはヒヤヒヤしますが、相手の態度や気持ちを考えられる機会になると思います。いずれ始まる集団生活。こうした体験が人とのコミュニケーションの土台となっていくのでしょうね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 1
  • 2
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。