【ママの体験談】魔の2歳児!イヤイヤ期を謳歌中の息子あるある

2018/01/31 22:00
5
わが家には2人の子どもがいますが、第一子長女には「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がありませんでした。しかし第二子長男は今「魔の2歳児」真っ只中です。気に入らないとどこでも寝そべる、反り返って駄々をこねる、物を次々と破壊するなど……。手が焼けますが、次に何をやらかすのかちょっと楽しみだったりもします。

魔の2歳児・イヤイヤ期イメージ

 

現在、わが家の第二子である長男は「魔の2歳児」と呼ばれる時期の真っ只中!第一子の長女に「魔の2歳児」がなかったので、長男に「ソレ」がやってきたことが正直うれしかったりもします。今回は、そんな長男の「魔の2歳児」っぷりをお伝えします。

 

気に入らなければ「寝そべる」

「遊びたいのに親がもう帰ると言う」「エレベーターに乗せてくれない」「食べたいのに親がダメと言う」など、自分の意にそぐわないことを親が要求すると、息子はその場にすぐゴロンと寝そべります。道でもトイレでもレストランでもおかまいなしです。

 

大声で泣き叫びながら横になることもありますが、ぐんなりと完全脱力して寝そべることもあり、なかなか動かせないのでかなり手強いです。周囲の人がなごやかに笑ってくれることがせめてもの救いです。

 

気に入らなければ「のけ反る」

「今、ベビーカーにだけは乗りたくない」「また自転車に乗せるつもり!?」「レストランのベビーチェアは大嫌いさ!」「ショッピングカートなんかにオレ様を乗せるな」。そんな意思表示の手段として「のけ反り」があります。息子はこの「のけ反り」の有効性を熟知しています。

 

ちょっと前まではひょいと抱っこして乗せられたのに、2歳を過ぎると脚の力が強くなり、体重も重くなってきているので座らせるだけでママは汗だくです。


気に入らなければ「壊す」

「魔の2歳児」だからなのか、わが息子だけなのか分かりませんが、とにかくいろんなものが壊れます。

 

今のブームは木のブラインドを破壊することで、家族から何かダメ出しをされると「わ~!」と叫びながらブラインドに突進しています。ブラインドのひとつにぶら下がって完ぺきに破壊、引き出しのチャイルドロックを破壊、炊飯器をひっくり返して破壊など……。しかると注目されるのがうれしいのかエスカレートしていきます。

 

 

小さな怪獣の所業には手を焼くことばかりですが、内心「ま、そんなもんだよね」と私は思っています。危ないときはビシっと言い聞かせますが、次に何をやらかすのかちょっとこわいけれど実は期待している気持ちも! 手のかかる「魔の2歳児」ですが、安全には気を配り、気長に見守りたいと思っています。(TEXT:ママライター伊川遥)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。