【体験談】うがいができない娘、いったい何歳からできるようになる?

2017/01/28 13:00
家にずっといる娘は3歳を迎えてもうがいができません。いつになったら出来るようになるのかと不安でした。うがいが出来るようになるのは「個人差」が大きいよう。2歳後半には水を含んだまま上を向き、吐き出すことはできるようになりました。うがいのやり方は親がやってみせることが一番の上達方法だと思います。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。風邪の予防をするためにも、うがいの習慣を身につけることは大切ですよね。私の娘は現在3歳ですが、いまだにうがいができません。今回はわが家の体験談を交え、気になる子どものうがいについてまとめました。

 

うがいは何歳からできるようになる?

 

上の息子の場合、保育園に通っていたこともあり、2歳前半にはうがいができるようになっていました。なかには、1歳後半でうがいができるようになる子もいるようです。

 

家にずっといる娘は、3歳を迎えてもうがいができません。いつになったらできるようになるのかと不安になったものです。うがいができるようになるのは「個人差」が大きいと感じました。平均すると、2~3歳ごろにできるようになることが多いそうです。

 

子どものペースに合わせてやってみる

 

娘に初めてうがいを教えたのは、2歳に入ってから。水を含ませて上を向かせてみたのですが「ゲホッ!」。うまく水を吐き出すことができず、飲んでしまいました。わが子が咳込んだ姿を見ると、教えることに恐怖を感じてしまいました。

 

そこで時間をおいて再度チャレンジ。すると、2歳後半には水を含んだまま上を向き、吐き出すことはできるようになりました。まだガラガラはできませんが、大きな成長だと感じています。


上達の秘訣は親がやってみせること!

 

うがいのやり方を口で説明しても伝わりにくいもの。親がやってみせることがいちばんの上達方法だと思いました。

 

水を口に含んで上を向き、「おー」と言いながらうがいをします。「あー」と言うと、水が飛び散ることがあるので個人的には「おー」がおすすめです。子どもにやってみせるうち、私のマネをするようになりました。たとえ上手にできなくてもよし。まずいちばん大切なのは「うがいをする習慣」を身につけることだと思うからです。

 

 

まず外から帰ったら洗面所へ。そして口に水を含んで吐き出すことから始めたのでいいと思います。上を向くのが難しければ、「グチュグチュペッ」からでも。「そのうちできるようになる!」と、そのくらいの気持ちでいるように心がけています。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。