「書き込みが原因のお金はすべて請求します!」示談書を見たガー子の反応は #ヤバイ職場を辞めた話 33

「ヤバイ職場を辞めた話」第33話。2児の母であり、インスタやブログでエッセイマンガを連載しているゆっぺさんの、ヤバイ職場を辞めるまでの体験をマンガ化! 昔の職場の上司・Pさんからパートで働かないかと誘われ、接客スタッフとして働くことになったゆっぺさん。ネットの掲示板にデタラメな内容の悪口を書いた犯人が、職場の同僚・ガー子さんだったことがわかり、話し合うことに。示談書を提示して署名押印を求めたところ……。

話し合いの場に、ついにガー子さんが登場!「従業員同士の問題は俺の責任でもある! 同席させてもらう」と言う社長とともに、3人で話し合いが始まりました。お母さんにアドバイスされた通り、冷静に示談書を提示してひと言、「目を通して証明押印、お願いします」とだけ告げたゆっぺさん。

 

さらに、「会話を録音させてもらいますねっ!」と、たたみかけると……。

 

示談書を見たガー子さんは

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

 

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

ヤバイ職場を辞めた話 33

 

こんにちはゆっぺです。

 

示談書に署名押印するように告げた後、「今から会話を録音させもらいますねっ!」とボイスレコーダーのアプリを仕込んでおいたスマホを取り出しました。

念には念を!という思いでした。

 

ガー子さんに「納得いかない部分があれば先に聞いてくださいっ!」と言うと、示談書を見て「これは……?」と戸惑っている様子。

「書き込みを見て信じたバカがお店に来る可能性があるんで!」と説明し、「この書き込みが原因で仕事に行けなくなったら、その間のお給料はガー子さんに補償してもらいます!」とキッパリ伝えました。

 

実際は書き込みからお店の名前を特定されることはないのですが、万が一の万が一で最悪の事態を想定し、示談書の内容を考えたのです。

 

 

示談書にサインをした後では、簡単には内容は変えられません。たしかに「最悪の事態」を想定して対応を考えておけば安心ですね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆっぺ

    ライブドアブログ公式ブロガー。インスタやブログでエッセイ漫画連載中。自身の体験談やフォロワー様から寄せられたエピソードをスズメのキャラで漫画にしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    9 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶