子どもが車でぐずったときにコレが効いた!車を嫌がる息子のぐずり対策

2018/06/29 20:00
8
車に乗ることを嫌がりだした2歳の息子のぐずり対策をママが教えてくれました。ポータブルDVDプレイヤーや歌絵本などを用意。車内でも楽しい時間を過ごせると覚えてもらったそう。また時間などに迫られても明るい声かけをして楽しい雰囲気づくりを大切にしているそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
イヤイヤ期

チャイルドシートに乗る男児

 

車に乗るのを嫌がってぐずってしまうお子さんもいますよね。わが家の長男の場合、2歳前後で車に乗るのを拒否するようになりました。今回は、そんな車を嫌がる息子のぐずり対策として効果のあったアイテムや工夫をご紹介します。

 

まずは笑顔!大事だったのは雰囲気

わが家の息子の場合、保育園に行くときなどに私がイライラしたり「今日も泣くかな……」と不安な気持ちでいたりすると、その気持ちが伝わってか、車でぐずってしまうことが多々ありました。

 

そこで「行くぞー!おー!」「ゴーゴー!」など、車の中でテンションの高い声かけをすることで楽しい雰囲気づくりを心がけました。また、最も息子が嫌がる「車に乗る瞬間」は、何か質問するなどして気を引いてみると効果あり! 最初のころは、声かけだけですんなり乗ってくれることも多かったです。

 

買ってよかった!長時間の移動もこわくない

ただ、遠出のときやどうしても機嫌が悪いときには、声かけだけで機嫌を保つのは難しく、ずっと購入を迷っていたポータブルDVDプレイヤーを車内に導入することに決めました。

 

わが家が購入したのは、車のヘッドレストに設置できるタイプのポータブルDVDプレイヤー。「ブーブでミッキー見ようか」と声をかけて誘うと、息子の場合は、ほぼ100%乗ってくれていました。ただ、DVDの見せすぎには気を付けたいと思っていたため、本当に困ったときにだけ使っています。購入を迷っていたけれど買ってよかった! と感じました。


お歌を歌って楽しくドライブ!

もうひとつ、息子のぐずり対策に効果的だったのが歌絵本。音楽が流れるボタンなどのしかけがある絵本です。車に乗せるために購入したわけではないですが、これが効果的だったんです。

 

わが家で購入した歌絵本には息子の大好きな歌が収録されていたので、絵本を持って「ブーブで歌おう!」と誘うと、息子はうれしそうに車に乗ってくれました。車の中ならどんなに大声で歌っても、そこまで迷惑にはならないのでご機嫌を保てています。長時間の移動でグズったときにも、これはなかなか役立ちました。

 

 

あくまで息子の場合ではありますが、どんな方法でも「車に乗るのは楽しい!」と思えるように導いてあげることが、ぐずり対策に効果的だと感じています。これからも車の中での時間を楽しめるよう、工夫していきたいと思っています。


著者:小林夏希

4歳と1歳の二児の母。フリーライターとして育児・インテリア・住宅関係の媒体を中心に記事執筆をおこなう。 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。