充実した妊娠生活を送りたい!妊娠中に取り組んだ「静かなヒマつぶし」

2017/02/22 08:00
8
私は妊娠中、静かな「ヒマつぶし」はないかと考えていました。ネットを検索すると、結構な数のレシピや型紙があり、何か作ろう!と思い立ちました。しかも、手縫いでと考えを固めたのです。まずロンパースを仕上げました。するとほかのアイテムも作りたくなり、初めての型紙づくりからの製作に取りかかることに。出産は予定日よりも早まり、最後まで作れませんでしたが充実した妊娠生活を送ることができました。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品
手作りグッズ
ベビー服

 

こんにちは。ママライターの半田あきらです。働く女性が妊娠を機に退職して産休に入ったとき、今まで仕事に充てていた時間をどのように過ごそうかと考えますよね。なかには安静を指導されている妊婦さんもいると思います。今回は、妊娠中の「ヒマつぶし」でチャレンジした縫物のお話をしたいと思います。

 

出産を控えて仕事を退職

私は、妊娠34週まで仕事をしていました。そして退職。このころは、あまり体を動かしてはいけないと医師に言われていました。妊娠してからは眠りが浅くなり、深夜になって起きてしまうこともしばしば。動かずに何かできる、「静かなヒマつぶし」はないかと考えていました。

 

ネットで調べてみると、無料でダウンロードできるベビーグッズの型紙を発見!何か作ろう!と、思い立ったのでした。

 

ミシンはないけど時間はある

当時、わが家にはミシンなどありませんでした。加えて、深夜でもできる「静かなヒマつぶし」をしたかったので、手縫いで作ることに!

 

また、おなかの中の赤ちゃんが男の子だと判っていたこともあり、フリフリなものが多いセレモニードレスを男の子向けに自分で作ろうと決めました。

 

型紙おこしからベビーグッズづくりに挑戦!

手縫いとは言え、もともと縫物には抵抗のなかった私は、一週間ほどかけて型紙からセレモニー用のロンパースを作ってみました。思いのほか楽しく、すぐにほかのアイテムも作りたくなりました。

 

そこで、ジャケットや靴なども作ってみよう!と型紙を探しますが、靴はともかく、赤ちゃん用のジャケットは見つかりません。仕方なく、人生で初めての型紙づくりからの製作に取りかかることに。ところが出産が予定日よりも早まり、最後まで作ることができませんでした。

 

 

出産を終えて退院時、わが子には手作りしたロンパースを着せてあげることができました。妊娠中に最後まで作れなかったジャケットは、お宮参りを前に完成!わが子のために何を作ろうかと考え、チクチクと静かに縫い進めた日々はとてもいい思い出になりました。「静かなヒマつぶし」のおかげで、充実した妊娠生活を送ることができてよかったです。(TEXT:ママライター半田あきら)


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。