「ママ、血が出てる!」男の子への生理の説明はどうする?

2017/02/21 12:00
16
ある日、3人の息子たちと一緒にお風呂に入っていると生理を指摘されました。息子たちはママが痛くないかを心配しているようでした。息子たちの心配をなくすために、病気ではないということ、恥ずかしいものではないということを説明しました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
生理

 

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。私には、3人の息子がいます。ある日、息子たちと一緒にお風呂に入っていると生理を指摘され、2歳の三男は「ママ、血が出てる!」と、ものすごく驚き、そして心配されました。息子たちに、生理について説明した話をお伝えします。

 

子どもたちは血に釘付け

息子たちに生理を指摘されたのは、お風呂のときのことでした。最初に叫んだのは三男です。覚えたての言葉で「ママ、血!痛い?」と心配している様子で、つられて長男次男も何ごとだと血に視線が釘づけでした。

 

子どもたちの頭では、「血がたくさん出ている=病気」という公式になっているため、ひどく心配されました。また、三男は、ママは痛くないのかと心配してくれていました。

 

息子たちを不安にさせたくない

子どもたち自身の体とママの体のつくりが違うことは理解しているため、どこから血が出ているのかもわからない様子でした。

 

息子たちを不安にさせるのはいやだったので、生理について教えることにしました。 息子たちがなんとなくでも生理を理解できるような説明をするために、言葉選びに気を付けました。

 


息子たちに生理を説明するとき

息子たちに説明するときに心がけたことは2つです。まずは、病気ではないということ。子どもたちは疑問より心配が大きかったので、「体のいらないものが出てきて体の中をキレイにしている」という簡単な説明をしました。

 

2つ目は、恥ずかしいものではないということです。生理は女の人にとって大切なことで、いつも以上にやさしくしてあげなきゃいけないことを説明しました。

 

 

生理についてはさまざまな考え方があります。子どもに経血を見せないようにする工夫も必要ですが、私はお風呂で見られたことをきっかけに説明をしました。メカニズムの理解は難しくても、女の人の体に必要なものであり、大切なものであることを理解してくれたらと感じたできごとでした。(TEXT:ママライター手塚みく)


  • 素直に見せる

    2017/07/15 11:57

この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード