先輩ママが教える!鼻風邪で鼻づまり、グズグズなときの対処法

2017/03/15 22:00
12
赤ちゃんの鼻風邪、見ているだけでかわいそうですよね。私がとった対処法はまず耳鼻科に連れていき、朝夕2回鼻水を吸引してもらうこと。また、家庭でも吸引器を購入して、家でも苦しそうなときには、鼻水を吸引するようにしました。そうすることで少しずつ夜も起きる回数が減ってきました。私のおすすめの吸引器は、丹平製薬の「ママ鼻水とって」です。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品

 

こんにちは。ママライターの田中麻奈です。生後8カ月で初めてひいた鼻風邪。薬を飲んでもなかなか止まらない鼻水に、息子のグズりも最高潮……。夜も眠れず、1時間おきに起きてしまうようになってしまいました。そこで私がとった対処法を紹介します。

 

耳鼻科で鼻水を吸引してもらう

息子を通わせている小児科では、鼻水の吸引はしてくれなかったので、耳鼻科に通院して鼻水を吸引してもらうことにしました。

 

さすが耳鼻科の先生!ずるずるっと、大量に鼻水を吸引してくれました。先生は「たくさん出てつらそうだったら、朝夕2回来てもいいですよ」と言ってくれたので、鼻水が落ち着くまでは通院することにしました。

 

家庭でもこまめに吸引!

朝夕の2回、耳鼻科に通院するとはいっても、鼻水は絶えず出てきます。とくに夜寝るときは鼻水が詰まってうまく呼吸ができず、苦しそうにする息子を見るのは私もつらかったです。

 

そこで、家庭用の鼻水吸引器を購入し、家庭でもこまめに吸引するようにしました。夜寝ているときにも、苦しそうにしているときは吸引するようにしたところ、起きてしまう回数も減ってきたように思います。

 


使いやすかった&使いにくかった家庭用鼻水吸引器

家庭用鼻水吸引器にも、さまざまな種類のものがあります。私が最初に購入したのは、スポイトタイプの吸引器。ところが、うまく鼻水を吸い取ることができず、私には合いませんでした。

 

次に購入したのは、丹平製薬の「ママ鼻水とって」です。吸引部分が鼻にフィットして、ホースの反対から鼻水を吸い上げるので、うまく鼻水をとることができました。ただ、立て続けに使用すると、私が酸欠のような状態になり、クラクラしてしまったので、みなさんも無理のないように使用するようにしてくださいね。

 

 

鼻水が詰まって苦しそうな赤ちゃん。見るだけでもつらいですよね。予算があるご家庭は、電動の鼻水吸引器を購入するのも手かもしれませんね。赤ちゃんが少しでも楽になれる方法が見つかりますように。(TEXT:ママライター田中麻奈)


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。